News&Topics

【地域連携】「三島屋変調百物語おそろし」上映&教育・文化顧問金子修介氏によるディレクターズトーク開催[5/22・金]

2015/05/08

2015年4月2日(木)に連携協定を締結した、公益財団法人相模原市民文化財団との連携協定締結記念事業として、「ディレクターズトーク」を開催いたします。

本学の教育・文化顧問金子修介氏がディレクターとして映像化した「三島屋変調百物語おそろし」の上映と、出演俳優の佐野史郎氏を招いてお二人から番組制作の裏話を伺います。

開催概要

日時 5月22日(金) 18:30開場 19:00開演
会場 相模女子大学グリーンホール 多目的ホール
内容

・上映「三島屋変調百物語 おそろし 第一夜:曼珠沙華」
(NHK-BSプレミアム)
・ディレクターズトーク 金子修介氏と出演俳優の佐野史郎氏による番組制作裏話

入場整理券 ※本イベントの入場には整理券が必要です。
[入場整理券の配布方法]
一般の方:5月12日(火)8:30~
相模女子大学グリーンホール受付窓口・チケットセンターで配布
大学関係者:5月12日(火)9:00~
相模女子大学教育研究推進課(10号館1階)で配布
備考 主催:相模女子大学・相模女子大学短期大学部
共催:公益財団法人相模原市民文化財団
企画協力:相模女子大学学芸学部メディア情報学科
お問合せ 教育研究推進課 社会連携推進室
TEL 042-747-9563

【作品のみどころ】 *NHKホームページより抜粋

怖れ、おののき、そして涙する…。
悲しい過去を背負った少女の元に、江戸中から集められる数々の怪異・不思議譚。
ここに宮部みゆき「変わり百物語」の幕が開く。

時は江戸時代、17歳のおちかは、川崎宿で旅籠を営む実家で起きたある殺人事件をきっかけに、他人に心を閉ざした。おちかの許婚が、おちかと兄妹同然に育ってきた男に殺されてしまったのだった。そして今は、実家を離れ、江戸・神田三島町に叔父・伊兵衛が構える袋物屋「三島屋」に身を寄せ、黙々と働く日々を過ごしている。ある日伊兵衛は、いつも碁敵を迎える「黒白の間」におちかを呼ぶと、そこへ訪ねてくる人たちから「変わり百物語」を聞くように言いつけて出かけてしまう。そして彼らの不思議な話は、おちかの心を少しずつ、溶かし始めていく…。

出演:波瑠、佐野史郎、かとうかず子、宮崎美子 ほか
原作:宮部みゆき
脚本・演出:金子修介(本学教育・文化顧問)
制作:2014年
上映時間:58分


関連リンク