News&Topics

【中学部】文化庁 巡回公演事業「ナチュラルダンステアトル公演<現代舞踊>」が開催されました

2014/11/17

20141114_chu01.jpg

11月14日(金)、中高等部体育館において、コンテンポラリーダンス・カンパニー「ナチュラルダンステアトル」による公演『ありす』が中学部生徒へ向けて開催されました。
文化庁の文化芸術による子供の育成事業の一環である巡回公演事業(※)のもと、世界で愛されている物語「不思議の国のアリス」をベースにした、ナチュラルダンステアトルオリジナル作品『ありす』を本校でもご公演いただきました。
生徒たちは今回の芸術舞台鑑賞の前に、ワークショップとして、本校の卒業生でもある振付家 川野眞子氏(中川鋭之助賞受賞)の指導の下、実演指導を受けています。
20141114_chu02.jpg公演中は、その素晴らしい演技に拍手や笑い声が起こり、生徒たちはとても楽しんでいるようでした。
20141114_chu03.jpgまた、フィナーレでは選抜された10数名の生徒たちも舞台でダンサーと一緒にペットボトルダンスを踊りました。
最後に、中学部・高等部 竹下校長の挨拶があり、生徒たちに「身体全体を使って表現するという素晴らしい舞台芸術を、ひとつの生き方としてください。」とメッセージを送りました。今回の現代舞踊鑑賞は、様々な方向から生徒たちの心を動かしたことと思います。

※文化庁 巡回公演事業・・・小学校・中学校等において、一流の文化芸術団体による巡回公演を行い、優れた舞台芸術を鑑賞する機会を提供することにより、子供たちの発想力やコミュニケーション能力の育成を図り、将来の芸術家の育成や国民の芸術鑑賞能力の向上につなげることを目的とした事業(文化庁ウェブサイトより引用)


関連リンク