News&Topics

【人と食をつなぐ未来プロジェクト】管理栄養学科の学生が小学部で「EKS食育」授業を行いました

2014/11/12

「スペシャルランチ探検隊になろう2」
~3・1・2弁当箱法で"スーパーぴったりスペシャルランチ(食事)"をつくろう!~

20141111_EKS_01.JPG栄養科学部の「人と食をつなぐ未来プロジェクト」活動として、栄養科学部の学生が小学部の児童に向けて食育の授業を行っています。食育活動は、EKS(栄養・科学部・Sisters)食育プロジェクトと呼んでいます。今回は11月11日(火)の小学6年生の授業の様子をご紹介します。

「スペシャルランチ探検隊になろう2」~3・1・2弁当箱法で"スーパーぴったりスペシャルランチ(食事)"をつくろう!~というテーマで、お弁当を作ります。
最初に、これまでに勉強した「3・1・2弁当箱法」をおさらいします。児童たちはしっかり頭に入っている様子で空欄のあるプリントにスイスイ記入し、大きな声で答えを発言していました。

続いていよいよ調理実習です。エプロンや三角巾で身支度し、学生の手本を見てから各班ごとに調理をしました。
今回のメニューは、主菜「鶏肉のトマト煮」、副菜「ほうれん草のごまあえ」と「セロリとパプリカの塩炒め」と「さつまいものパイン煮」です。事前に調理の担当は決めており、児童たちは協力しながら作っていきます。
20141111_EKS_03.JPG出来上がった料理は、自分で書いた「3対1対2」の盛り付け設計図に合せて、各自の選んだサイズのお弁当箱に「しっかり」「きれいに」詰めていき、お弁当の完成です。
お弁当箱を手に持って写真を撮り、それからみんなで美味しく試食しました。
また、大学生たちが詰めたお弁当と器に盛り付けた量の見本を目で見て、日ごろ食べている食事の量と比べていました。

学生たちには大変良い実践の場に。児童には栄養、バランスを考えた食事の大切さや調理の体験などの場となっています。総合学園ならではの楽しく美味しくみんなに嬉しい取り組みは今後も続いていきます。

20141111_EKS_02.JPGEKSメンバーの学生がそばで見守ります
20141111_EKS_04.JPG美味しそうに完成したお弁当
20141111_EKS_05.JPG美味しく食べながら見本を観察

関連リンク

関連記事