News&Topics

【地域連携】「タイに子ども用車椅子を届けよう!」プロジェクト活動報告

2014/03/22

20140322_wheelchair.JPGこのプロジェクトは、2011年6月に英語文化コミュニケーション学科小泉ゼミの3名の学生の企画からスタートし、JATA(一般社団法人日本旅行業協会)主催の、2011年学生国際交流プロジェクト「世界はひとつ。日本の「ARIGATO」を伝えよう!」プロジェクトへ応募し、優秀賞を受賞しました。
活動2年目は、子ども教育学科および他大学3大学の学生も加わり、活動の輪が大きくなっています。

活動3年目となる2013年度もタイに80台の子ども用車いすを送りました。NPOの方々と9月から11月に修理を開始し、12月17日にコンテナー積みを終え、1月20日にタイのAPHTの支援団体の手に届きました。2月25日の贈呈式に向け、学生も出席する準備を進めていましたが、タイの政情不安のため、今年は式への出席は断念せざるをえませんでしたが、現地からの報告で6か所の施設に車いすは届けられました。タイ以外にも、学生達は毎月開催される定例会に参加し、エチオピア・カンボジア・マレーシア・ホンジュラスに送る車いすを修理し送りました。現地で使用されている様子は、後日、お知らせいたします。

なおこのプロジェクトに参加した2013年度卒業生の声が「NPO法人海外に子ども用車椅子を送る会」のWebサイトに掲載されました。


関連リンク