News&Topics

【地域連携】「柿沢安耶先生のバレンタインスイーツ教室」を開催しました

2014/02/05

20140202_valentinesweets_01.jpg社会マネジメント学科では、地域連携事業の一環として、愛知県新城市が同市産の柿、梅、いちじくの首都圏でのPRを目的にサテライトキャンパス(ユニコムプラザさがみはら)で2月2日(日)開催した「柿沢安耶先生のバレンタインスイーツ教室」の運営をお手伝いしました。
当日は、しんしろプロジェクトに参加する学生のうち1、2年生7人が、スイーツ教室の準備、運営、片付けに協力しました。

公募で先着順に選ばれた市民の方々が参加する教室そのものは14時~17時の開催でしたが、学生たちは9時から食器や器具類の消毒、食材の計量作業にあたり、教室開催中も終了後も食器や器具の洗浄などに大活躍しました。最後に、本番で実演した柿沢氏手作りの「イチジクのロールケーキ」などを味わい、長い一日を終えました。

食中毒事故防止のために、当日手伝う学生と教員は事前に検体を提出し保菌者ではないことを確認したほか、管理栄養学科の縄田敬子講師、吉岡有紀子准教授のご協力で実施した食品衛生講座を受講しました。そのため、学生にとってリスク管理も学ぶ良い機会になりました。

また、今回、野菜スイーツで有名な「パティスリー ポタジエ」オーナー・パティシエの柿沢安耶氏と一緒に教室のお手伝いをされた店舗総括ディレクターの松浦愛子さんは、本学食物学科(現・栄養科学部)の卒業生です。先輩が大活躍する姿を身近に見られたことも、学生のキャリアを考えるうえで良い刺激になったと感じています。

新城市より、スイーツ教室は大人気でご参加いただけなかった方が多数いると聞き、大変申し訳なく思っております。社会マネジメント学科では、今後も大学周辺の方々に還元できるような地域連携活動を展開していく方針です。

20140202_valentinesweets_02.jpgプロの技を間近で見ることができました
20140202_valentinesweets_03.jpg白いネットを被っているのがお手伝いの学生
20140202_valentinesweets_04.jpg右:柿沢安耶氏
左:松浦愛子さん(卒業生)

関連リンク