News&Topics

2013年度ボランティア報告・講演会を実施しました。

2013/12/13

12月11日(水)18:00~19:30、ボランティア報告・講演会を開催しました。さまざまなボランティア活動に参加する学生が多く、今回は3つのボランティア団体に活動状況を報告してもらいました。
参加した学生からは「さまざまなボランティア活動があることを知る良い機会になった」、「私の知らないところで、地域に貢献されているのだと思った」、「自らボランティアに参加しようと思って活動しているのはすごい」という感想が寄せられました。

また、聴覚障がい学生の修学支援にご協力をいただいている「筆記通訳サークルもみじ」の水野鈴子さんから「学内でできる身近なボランティア~聴覚障がい学生支援 ノートテイクとは~」について、お話していただきました。参加した学生は「聴こえない人がどれだけ大変なのか、どれだけいるのか、どのような気持ちなのか・・・ということが伝わってくる内容だった」、「聴覚障がいの人は誤解を受けやすいという話だったが、片耳だけあまり聴こえない友人がいたが、確かに誤解されていたと思うし、大変だったと思う」と感想を述べていました。
今回、この報告・講演会の様子を筆記通訳サークルもみじさんのご協力により、パソコンで打ち、プロジェクタに映し出しました。その様子を見ていた学生からは、「大変そうだった」、「今度はもっとゆっくりと話をしたい」という感想がありました。
8月に開催したノートテイク講習会の受講者で、現在ノートテイカーとして活躍している学生は、「皆さん、もし聴覚障がいがある学生と一緒に授業を受けていたら、おしゃべりしたりせず、静かにし、発表するときは大きな声で、ゆっくりと話しをしてほしい。それだけで、聴覚障がいがある学生は助かると思います。」と参加者にメッセージを送りました。

相模女子大学では、学生のみなさんがボランティア活動へ積極的に参加できるよう今後も支援していきます。

[学生支援課]

講演会の様子 ※右下写真は展示(7号館)の様子

IMG_2302.jpg IMG_2253.jpg