News&Topics

【地域連携】社会マネジメント学科学生が「わいわいみんなで語ろうPart2」に参加しました

2013/10/03

20130922_waiwai_01.jpg9月22日(日)に「わいわいみんなで語ろうPart2~どうする南区・語るなら今でしょ!~」がbono相模大野で開催され、社会マネジメント学科松下啓一ゼミの学生たち10名が参加しました。
この話し合いは、南区区民会議の主催で、ドイツで考案された「プラーヌンクスツェレ」という形式で行いました。これは住民基本台帳から無作為に選ぶもので、これまで、まちづくりに参加したことのない市民が参加できる方式として注目されています。松下ゼミでは、このプラーヌンクスツェレはじめ、さまざまな市民参加手法を研究、実践しています。
昨年度に続く2回目となる今回は、16歳~39歳の区民に参加を呼びかけ、「若い世代のまちづくりへの参加促進」をテーマに話し合いを行いました。学生たちは、運営委員として、企画・準備段階から関わるとともに、当日は司会進行、意見交換のサポート等の運営を行いました。
今回の討議結果は南区区民会議に報告し、若い世代のまちづくりへの参加促進に向けたモデル事業に結び付けていきます。

20130922_waiwai_02.jpg20130922_waiwai_04.jpg20130922_waiwai_03.jpg

 


関連リンク