News&Topics

【社会マネジメント学科】子ども消費者教室で学生が講師役をつとめました

2013/09/13

8月8日(木)、地元の小学生を対象とする、相模原市夏休み子ども消費者教室に、社会マネジメント学科、山口ゼミの学生と2年生の、あわせて6名が講師として参加しました。
本講座は、子どものときから消費者としての視点や知識を身に付けることを目的として実施されています。今回、担当した講座のテーマは、「おつかいすごろくでかしこくお金を使おう!」で、文部科学省が作成した消費者教育教材のすごろくゲームで遊びながら、お金の使い方や社会のルールについて学ぶという内容です。

ゲームでは、計画を立てて、遠足のお弁当の材料とおかしを買います。簡単なクイズの後、班に分かれてゲームを進め、買ったものをもとにお弁当の絵を書いて、最後に「おつかいの約束」をみんなで読み上げました。
初めての試みで、学生達は、市の担当課の方々からアドバイスを受けながら、企画を立て、準備を進め、当日の進行を担当しました。子どもたちは終始、楽しそうに盛り上がっていました。

syakai_20130913_01.JPGsyakai_20130913_02.JPGsyakai_20130913_03.JPG


関連リンク