News&Topics

【管理栄養学科】カフェテリアにて女子大生のためのがん予防キャンペーンを実施します[7/19~26]

2013/07/12

未来の私にプレゼント~野菜を食べてがん予防キャンペーン~

7月19日~26日の一週間、カフェテリア(学食)で、女子大生のためのがん予防のキャンペーン、題して、「未来の私にプレゼント~野菜を食べてがん予防キャンペーン~」を実施します!
最終日26日には、キャンペーンに関してのアンケートも実施します。カフェテリアに対しての、ご要望・ご意見なども出していただけるようなっていますので、この機会に是非足をお運びください。

期 間 7/19(金)~26(金)

場 所

マーガレットホール2階 カフェテリア101
概 要 女子大生のためのがん予防キャンペーン

このキャンペーンは管理栄養学科のコース制(地域保健栄養教育コース)科目のひとつである地域栄養活動実習の一環として実施されます。この実習は、管理栄養学科の学生が3年生までに習得した公衆栄養マネジメントの知識と技術(人々の健康な食を支援するプログラムの計画・実施・評価の方法)を実践する授業で、キャンペーンの計画・実施・評価までのプロセスをすべて学生が行っています。
がんをはじめとする生活習慣病は、生活習慣の積み重ねによって、罹りにくくも、罹りやすくもなり、生活習慣をコントロールすることで予防できる病気です。そして、がんの原因の3割は食事にあるということが研究によってわかっています。国立がん研究センターの「日本人のためのがん予防法によると、野菜や果物不足にならないことががん予防につながるとあります。
がんは、もしかすると、大学生にとって遠い存在かもしれません。よくわからないから、周りの人や自分が将来なってしまうのが心配、、、と思う人もいるかもしれません。でも、今の普段の生活習慣をちょっと変えるだけで、将来のがんのリスクを確実に下げることができます。そんなことなら今から知っておきたいと思いませんか?このキャンペーンでは、野菜以外にがんに関連する要因や、野菜を食べる大切さ、プラス100g!の野菜がどのぐらいなのかを知ってもらうために、学生が手作りした卓上ポップを使って情報提供をします。すでに実施したアンケートの結果を踏まえて、ランチタイプ別簡単オススメ野菜摂取法も紹介します。ポップはお持ち帰り用も用意していますので、家族やお友達にも是非、教えてあげてください。

関連リンク