News&Topics

【地域貢献】学生ボランティアによる「大船渡を津波伝承の地にするプロジェクト」始動しました

2013/07/11

ボトルキャップ大作戦
~大船渡を津波伝承の地にするプロジェクト~

20130710_bottlecap01.jpg

被災地学生ボランティア委員会では、「大船渡を津波伝承の地にするプロジェクト」を立ち上げ、被災地の現状を映像として収めた「復興情報杭」を設置するため、ペットボトルキャップを集めています。短い時間で大量のペットボトルキャップを集めるために、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
右写真のようなチラシとキャップ用回収ボックスが7号館、3号館、11号館に掲示・設置してあります。


1.ペットボトルのキャップ回収にご協力ください!

大船渡津波伝承館では、震災の学びを後世に伝えるため、大量のペットボトルキャップを集めています。集まったキャップで、プラスチック境界杭の制作会社(株)リプロさんの協力をいただき「復興情報杭」をつくります。集まったキャップは、袋につめてまとめて(株)リプロさんへ送ります。袋詰めのボランティアも同時に募集しております。

■袋詰めボランティア募集について
応募先 tutaeru_vt(アットマーク)yahoo.co.jp
※貼紙に掲載しているQRコードへかざすと、上記のアドレスが表示されます。
応募方法 上記のアドレスへメールください。
[件名]「袋詰ボランティア」
[本文]学部、学科、学年、名前
締切 8月9日(金)
2.「復興情報杭(仮)」の愛称を募集!

※復興情報杭とは、町で見かける杭にメモリ機能をもたせたものです。タブレットで再生も可能です。「復興情報杭」を大船渡市内に設置し、復興の様子を定期的に写真撮影し情報杭に保存していきます。大船渡市を訪問した方は、杭にタブレットをかざせば復興の様子をみることができます。
この杭の愛称を募集しています。大船渡市民のみなさま、観光客の皆様に愛される名称を募集しています。

■復興情報杭(仮)愛称募集について
応募先 tutaeru_vt(アットマーク)yahoo.co.jp
※貼紙に掲載しているQRコードへかざすと、上記のアドレスが表示されます。
応募方法 上記のアドレスへメールしてください。
[件名]「復興情報杭名」
[本文]考えた名前、学部、学科、学年、名前
締切 8月9日(金)

ボトルキャップ大作戦チラシ ※画像をクリックすると拡大します

20130710_bottlecap02.jpg


関連リンク