News&Topics

【地域連携】福島県本宮市にマーガレットファームが開園しました

2013/05/22

この度、福島県本宮市より長年に渡る学生の功績が称えられ、相模女子大学専用農場
「マーガレットファーム」が完成しました。(総面積2,000m2
5月19日(日)の開園式に向けて、学生23名と職員が5月17日(金)夕方から本宮市に向けて出発しました。

20130521_mfarm_01.jpg5月18日(土)は、早朝から田植え体験をしました。田植えは、初めて体験する学生が多く、泥まみれになりながらも植えられた苗を見ながら、秋の収穫を楽しみに終了しました。
午後からは、マーガレットファームの開園式に向けた作業に取り掛かり、防水シートの貼り付けから、苗植えの準備と夏のような日差しの中、授業では体験できない作業に学生たちは満足の表情でした。

20130521_mfarm_03.jpg5月19日(日)晴天の中、高松本宮市長、中野本宮副市長、本宮市役所関係者、谷崎学長参列の上、マーガレットファームの開園式が挙行されました。開園式では、マーガレットファームの象徴である看板の除幕式が行われ、本学学生がデザインした看板が披露されました。
20130521_mfarm_04.jpgまた、記念植樹式では、本宮市の市の木である「まゆみの木」と、耐寒性が強く福島の寒さに負けず、すくすくと育って欲しいとの意味を込めて、「イチイの木」が植樹されました。
記念撮影では、参列者と学生が看板の前で最高の笑顔で写真におさまりました。式終了後には、夏野菜の作付けが行われ、ナス、ピーマン、オクラ、ジャガイモ、さつま芋等が植えられました。お昼には、いつもお世話になっている農家民宿連絡協議会の方々からのご好意で、豚汁とおにぎり、きゅうりの漬物を食べながら、農家の皆さんと楽しい時間をすごしました。

20130521_mfarm_02.jpg 20130521_mfarm_05.jpg 20130521_mfarm_06.jpg

マーガレットファームで収穫された野菜は、特産品の開発や物産展での販売などで活用する予定で、引続き本宮市の復興を支援していきます。

関連記事

関連リンク