News&Topics

田中教授と吉岡准教授の共同研究が国際学会で最優秀論文賞を受賞しました

2013/02/12

国際学会で最優秀論文賞を受賞しました

130131best-presentation-award.jpg

10月20日から24日の日程で台湾・台南市および高雄市において開催されたThe 3rd International Service Innovation Design Conference(3rd ISIDC)にて、学芸学部メディア情報学科 田中みなみ教授栄養科学部管理栄養学科 吉岡有紀子准教授の共同研究「A case study of lacquerware maintaining system for a nursery school lunch ware」が最優秀論文賞を受賞しました。

日本の伝統的な食器である漆椀を保育園の集団給食に導入した事例について紹介したもので、歴史的な集団食における漆器利用との比較をふまえて、現代的な利活用を、数量および時間の流れのシステムとして分析しています。 食文化の継承と食の安全とエコについて、食行動の側面と同時に、物質文化の側面から考察したもので、学部の枠を越えた共同研究の成果です。

[メディア情報学科・管理栄養学科]

関連リンク