News&Topics

【メディア情報学科・日本語日本文学科】メディアトークに金子修介監督と佐伯日菜子さんが来校しました

2012/07/20

media_01.jpg 7月7日(土)に、メディア情報学科日本語日本文学科の共催で、第18回メディアトークとして、「シンポジウム:映画『毎日が夏休み』」を開催し、100名を超える入場者がありました。

映画上映後、この映画の監督で本学客員教授の金子修介氏と、主演女優の佐伯日菜子さんをパネリストにお迎えして、本学教員も交えたシンポジウムが行われました。

金子修介監督からは、この映画を制作するまでの経緯、佐伯日菜子さんからは、映画初主演となった当時の想いなどが語られました。
その後、原作と映画の違い、映画の内容と現在の社会的な問題との関連性について、本学教員との議論・質疑応答が行われました。

また、当時のスタッフの方もフロアに参加され、貴重なお話を伺うことができ、たいへん充実したシンポジウムとなりました。

media_02.jpg
media_03.jpg
media_04.jpg

関連リンク