News&Topics

【人と食プロジェクト】管理栄養学科の学生が小学部で授業を行いました

2012/07/09

人と食をつなぐ未来プロジェクト」の社会貢献の実践活動の一環として、管理栄養学科の吉岡ゼミの学生が中心となり、併設小学部で食育の授業を行いました。
この小学部でのEKS(栄養・科学部・Sisters)食育プロジェクトでは、1~2年生を健康栄養学科が、3~6年生を管理栄養学科が担当しています。


7月6日(金):4年生授業 「お野菜探検隊になろう」

20120706_shokuiku.jpg小学4年生のクラスのテーマは「お野菜探検隊になろう」です。探検は3種類あり、「探検1.野菜調べ」「探検2.この野菜の旬はいつ?」「探検3.季節の野菜と体のつながり(役割)」を学びます。
探検1では、季節の違う2種の野菜の手触り・重さ・色艶・匂い・状態などを調べて、どの季節の野菜なのかを探検シートに記入していき、班ごとに調べたことを発表します。
探検2では、野菜の描かれたカードを季節で分けたシートに貼っていき、野菜の旬の時期を当てていきます。
探検3では季節の野菜と体のつながり、役割をしっかり学びました。
児童からは「実を食べる野菜は夏野菜だよ!」「ネギは体を温めるので冬!」などの発言がたくさんありました。この授業のテーマに関心を持ち、積極的に取り組むことで、野菜についての知識をさらに深めることができました。


6月29日(金):6年生授業 「スペシャルランチ探検隊になろう」

lunchtankentai.jpg小学6年生のクラスで行った授業のテーマは、「スペシャルランチ探検隊になろう」。児童たちに、自分の体や気持ちにちょうどよい(適切な)食事の量や質を、クイズ等を通して学んでもらい、それを活かしてオリジナルのメニューを考案してもらいます。考案されたメニューはコンテストにかけられ、全校児童から最も多くの表を集めたメニューが2学期のお弁当給食の日に登場します。
「魚と肉どっちが好きかな」「油っこくない方が良いかも」など、自分だけでなく食べる皆のことを考えることで、児童たちは学んだことがよく身についた様でした。


6月28日(木):5年生授業 「おさかな探検隊になろう~海から食卓までの道のり~」

sakanatankentai.jpg小学5年生のクラスで行った授業のテーマは、「おさかな探検隊になろう~海から食卓までの道のり~」。児童たちはまず魚釣りゲームにチャレンジし、釣った紙の魚の本来の生息地を考えて、地図の上に貼り付けました。日本では色々な魚が獲れることが実感できたようです。次に、自分たちが食べる魚がどこから運ばれてくるのかを考えながら「マイフードマップ」を作ってもらいました。「海で獲られた魚はどこへいくかな?」「市場!」「市場からはどこへいくのかな?」「スーパー!」「おすし屋さん!」「給食もそうだよ!」と、児童たちからはマップに書き切れない程たくさんの意見が出ました。
日本を囲む広い海や、魚を食卓へ届けるために働いている人々など、教室を飛び越して想像力を大きく広げることのできる授業になりました。

「小学部での授業は、学生のスキルアップにも小学生の勉強にもなり、お互いに良い影響を与え合っています」と吉岡准教授


関連リンク

関連記事