News&Topics

【地域連携】三重県熊野市丸山千枚田「田植えの集い」に参加しました

2012/05/22

2012年5月20日に熊野市丸山千枚田で行われた「田植えの集い」に参加しました。「田植えの集い」への参加は、今年で4回目ですが、社会マネジメント学科科目「地域で学ぶ社会のしくみ」、「地域連携プロジェクト演習I」の受講者も加わり学生約50名が田植えを体験しました。
また大塚理事長、谷崎学長をはじめ8名の教職員も参加しました。

5月19日早朝に熊野市に到着し、獅子巖-世界遺産-、花の窟-世界遺産- 、七里御浜海岸を見学しました。獅子巖に到着した時間は、まるで獅子が朝日を食べているかのように見える写真が撮影できるため、他にも見学者が多数いました。また七里御浜海岸は、日本で最も長い砂礫海岸です。

kumano01.jpg獅子巖
kumano02.jpg花の窟
kumano03.jpg七里御浜海岸

その後、熊野古道の1つ「通り峠」を散策し、丸山千枚田が一望できる場所で「さんま寿司とめはり寿司」の昼食をとりました。

kumano4.jpg通り峠
kumano04.jpg通り峠
kumano05.jpg丸山千枚田

夕食は熊野市の方も参加し、懇親会が行われました。食事は地鶏の焼鳥、手羽先、きじ肉のから揚げなどが提供され、学生からは歓声があがりました。地鶏の焼鳥は、相生祭(学園祭)と同時開催されている「地域物産展」でも販売されています。
また懇親会の前には、新姫ドリンク新商品開発のための試飲が行われました。
*新姫は熊野市で発見された柑橘で、柚子や酢だちなどと同じ仲間です。

kumano14.jpg懇親会の様子
kumano06.jpg手羽先
kumano07.jpgきじ肉のから揚げ

20日の午前中に、大学および関係者が所有する棚田で田植えを体験しました。当日所有者が不参加の棚田についても依頼を受け、学生が田植えを行いました。初めて参加した学生の中には、オタマジャクシを怖がりなかなか田んぼに入れない学生がいたり、しりもちをつく学生がいたりと大騒ぎで田植えが行われました。

kumano08.jpg田植えの様子
kumano09.jpg田植えの様子
kumano10.jpg田植えの様子
kumano13.jpg田植えの様子
kumano11.jpg熊野市長と新姫ちゃん
kumano12.jpg田植えあと、棚田を背景に

昨年は台風12号の影響で中止となった稲刈りにも、9月10日前後に参加予定です。

関連リンク