News&Topics

新年のご挨拶

2012/01/01

 

学校法人相模女子大学 理事長 大塚光子

201201.jpg 新年のご挨拶を申し上げます。

 昨年、日本はかつてない厳しい体験をいたしました。世界的な経済不況も長期化しています。被災地の復興を願うとともに、次代を担う若者の生き方をしっかり支援することが、今、私たち教育に携わるものにできる最良のことと改めて思っております。

 2012年、大学は第2次改革の最初の卒業生を送り出すとともに、第3次改革に着手いたします。中学部・高等部では一貫教育の一期生が高校1年生になります。更なる教育の充実を図ります。小学部は昨年、創立60周年を全校生徒とともに盛大に祝い、新たな出発に燃えていますし、幼稚部もさまざまなチャレンジをしております。今年も各部署がそれぞれに機能しつつ、学園内の連携を図ってまいります。

 私たちは、今年も目標にそって、自由な、忍耐強い、個性ある教育を続けてゆき、学園の明るい未来を、勇気をもって築いていきたいと思います。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

 

相模女子大学・相模女子大学短期大学部 学長 谷崎昭男

2012tanizaki.jpg 新しい年となりました。容易ならざる時節に際会しているとの思いに変わりはありませんが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 本年度は、2008(平成20)年度に開設しました新学科が完成年度となったのを受け、それぞれの学科で、さらによりよい学びができるように、カリキュラムの一部を改定しますし、「見つめる人になる。見つける人になる。」のスローガンをカリキュラムに具体化する一歩として、「さがみ発想講座」という授業を全学共通科目のなかに開講して、学生たちの発想力が拡がることを期します。

 「日経グローカル」の大学の地域貢献度ランキングで、全国の女子大の第一位となった地域連携も引き続き進めます。連携先に関わる公開講座を企画中ですが、昨夏に包括協定を締結した新潟県佐渡市との間では、高校生からも応募を得て「佐渡食甲子園」コンテストを本学においても催す予定です。