News&Topics

【地域連携】「フード・アクション・ニッポン アワード2011」優秀賞を受賞しました

2011/12/19

food_action_award.jpg12月14日(水)、フード・アクション・ニッポン アワード2011」の表彰式が開催され、本学が進めているプロジェクト「大学と地域の連携による地域物産品の販路拡大」が、製造・流通・システム部門の優秀賞を受賞しました。

今回のアワードには、全国の企業や団体から1,000件を超える応募がありましたが、本学のプロジェクトは、「食料自給率向上に寄与する先進的な取り組み」として高い評価をいただきました。

また、製造・流通・システム部門以外にも、プロダクト部門において本学の2つのプロジェクトが入賞を果たしました。

フード・アクション・ニッポン アワード2011とは・・・

食料自給率向上に向けた国民運動「フード・アクション・ニッポン」の展開の一環として創設され、食料自給率向上に寄与する事業者・団体等の取り組みを一般から広く募集し、優れた取り組みを表彰することにより、食料自給率向上に向けた活動を広く社会に浸透させ、私たちや未来の子供たちが安心しておいしく食べていける社会の実現を目指す。

受賞した取り組み

  部  門 プロジェクト名 内  容
優秀賞 製造・流通・
システム部門
食による地域再生プロジェクト
~大学と地域の連携よる地域物産品の販路拡大~
学生が連携先地域で農業体験等を行うだけではなく、学園祭に連携先自治体・企業を招いて物産展を開催し、販路拡大・マーケティング機会を創出した。
入賞 プロダクト部門 食による地域再生プロジェクト
~芋甘なっとうの共同開発~
社会マネジメント学科の学生プロジェクトチームが、株式会社つかもととの産学連携により、2008年度より継続して芋甘納糖の新商品開発を行った。
入賞 プロダクト部門 食による地域再生プロジェクト
~国産米粉を使ったパン・スイーツを地元企業と共同開発~
”米粉あんぼ”のレシピ開発に関わった短期大学部食物栄養学科の学生が、米粉パン・スイーツレシピコンテストを開催し、入賞作品の一部が地元企業により商品化・販売された。

 

20111219food_action_01.jpg  20111219food_action_02.jpg

関連リンク