News&Topics

【子ども教育学科】トート・ガーボル准教授と齋藤正典准教授が韓国で講演を行いました

2011/11/22

2011年11月5日に韓国京畿道波州市の交河青年文化の家で開催された、国際児童発達教育研究院(ICDEI)第6回児童発達教育セミナーにて子ども教育学科のトート・ガーボル准教授と齋藤正典准教授が講演を行いました。

講演内容は、トート氏が「ハンガリーの保育・幼児教育」ということで、ハンガリーの保育・幼児教育の歴史やハンガリーの保育・幼児教育の現状について、齋藤氏が「日本の保育・幼児教育の現状と課題」として、幼保一体化をはじめとする日本の保育・幼児教育行政の現状と幼児教育の内容・方法などについて幼稚部の写真をたくさん紹介しながら行いました。

100名以上の方の参加があり、ハンガリーの保育・幼児教育についてはほとんどの方が初めてであったこともあり、活発な質疑応答が行われました。また、日本の幼児教育・保育制度の詳細な点に関する質問があったり、幼稚部の広い園庭や相生祭の作品展の写真には歓声がおこるなど、とても有意義な講演会となりました。

[子ども教育学科]

講演会の様子

111122_edu_01.jpgトート・ガーボル准教授の発表
111122_edu_02.jpgプログラム
111122_edu_03.jpg協議中
 
111122_edu_04.jpg齋藤正典准教授の発表

関連リンク