News&Topics

【メディア情報学科】JAXA(宇宙航空研究開発機構)の研究者による公開リレー講演・第3回開催のお知らせ(終了)

2011/10/31

近未来のロケットと人工衛星

メディア情報学科では、「はやぶさ」「かぐや」で知られる宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所で惑星探査に携わる研究者の方々による連続講演「メディアトーク シリーズ:宇宙科学の最前線~最先端の科学技術を伝える~」を開催しています。第1回・第2回ともたいへんご好評を頂きましたが、第3回は、JAXAの峯杉賢治先生を講師にお迎えし、「近未来のロケットと人工衛星」と題してお話しいただきます。

小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げたM-Vロケットのお話から、現在、主に日本で研究・開発されている近未来のロケットや人工衛星について、どのようなものか、どのような技術が用いられているかをわかりやすく紹介していただきます。

JAXAでロケットと科学衛星の構造・機構を担当していらっしゃる峯杉先生が直接語ってくださる、またとない機会です。一般公開で、どなたでもご参加いただけますので、ぜひご来場ください。

日時 2011年11月19日(土)13:00~15:00
場所 相模女子大学マーガレット本館2141教室
対象 どなたでもご参加いただけます。

参加費

無料
申し込み方法 当日会場までお越しください。
お問い合わせ

メディア情報学科 田畑雅英

tabata_masahide(アットマーク)isc.sagami-wu.ac.jp

 

1119media_event.jpg峯杉賢治(みねすぎ けんじ)先生プロフィール

東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。工学博士。
現在、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所、宇宙構造・材料工学 研究系准教授。

日本に二つあるロケット発射基地の一つ、内之浦宇宙空間観測所の所長を兼務。 
 

[メディア情報学科]

関連リンク