News&Topics

【子育て支援】自修館中等教育学校の生徒が見学に来ました

2011/10/05

9月28日(水)、自修館中等教育学校の生徒5名が、ゼミの校外学習として子育て支援センターを見学に来ました。
中学生は総合学習の一環として、また高校生は論文作成のため、子育て・心理学に関する調査を行っており、今回の来訪となりました。子育て支援センターのスタッフでもある人間心理学科の尾崎康子教授が生徒たちの調査に協力しました。
生徒たちからは『人間に共通する「不快」な行動は存在するのか?』『国が行っている子育て支援はどんなものがあるのか』『小学校にあがるまでの、子どもとのベストな親子関係は?』『家庭教育と躾の違いの定義は?』といった質問がありました。生徒たちの真剣な疑問質問に、子育て支援の歴史からひとつひとつ丁寧に受け答えしました。
子育て支援に関する今までの変遷や現在の状況に関しては、厚生労働省のWebページが参考になります。

110928komodo01.jpg110928komodo02.jpg

関連リンク