さがみアカデミー 2019年度

春季:講座5

声に出して読む万葉集 -生きることの悲しみを詠む 山上憶良の世界-

*定員に達したため募集は締め切りました

今回は、人生の本質を「悲しみ」と捉えた山上憶良の世界を鑑賞します。憶良の出目は、百済系渡来人の二世とされています。その故か、憶良の歌には故郷喪失者の悲しみともいうべきものが漂っていて、そこから他の万葉歌人が取り上げることのない「生・老・病・貧・子ども」といったユニークなテーマを好んで詠んでいます。憶良の世界観を、一緒に味わいましょう。

講 師 呉 哲男 / 相模女子大学名誉教授
文学修士。古代日本文学専攻。『古代文学における思想的課題』、『古代言語探究』その他著書多数。
日 程

【講座日程】
5月14・21・28日[全3回]

【曜日・時間】
火曜日 10:40~12:10

定 員 60名
会 場 相模女子大学 茜館催事場
受講料

全3回 3,000円

締 切 5月6日(月)
講座内容
5月14日 子どもの発見
5月21日 貧乏を詠む
5月28日 老いを詠む

お申込み・お問合せ


関連資料

関連リンク