さがみアカデミー 2017年度

春季:講座2

歴史の"if"(もし)を考える! ~もしもあの時、○○だったら~【戦国時代編】

終了しました

歴史で「もし」は、本来有り得ないのですが、それを考えることはとてもロマンがあり、私達の想像力を掻き立てます。「もし信長が本能寺で死ななかったら」「もし関ヶ原で西軍が勝っていたら」。想像するだけでワクワクしませんか? この講座では、彼ら戦国武将のそれぞれの行動原理となる思想と政治・経営手腕を学びながら、戦国史の「If(もし)」を考えます。学術的な難しい話はしませんので、歴史好き・特に戦国時代が好き、あるいは興味があるという方であればどなたでも楽しめます。

講 師 名和田 竜 / 相模女子大学非常勤講師
NPOランチェスター協会常務理事、ランチェスター戦略学会役員。中小零細企業に対するコンサルティング及び研修講師をはじめ、執筆・講演など幅広く活躍中。
日 程 5月10日・24日、6月7日・21日、7月5日 隔週水曜日 15:30~17:00[全5回]
定 員 20名
会 場 相模女子大学 茜館催事場
受講料 全5回 5,000円 ※講座初回にお支払いください
締 切 5月2日(火)
講座内容
5月10日 「もし、武田信玄が病で倒れなかったら・・・」 戦国最強の武将と謳われた武田信玄。道半ばで病で倒れてしまったことで、武田家は滅亡の道へと突き進んでしまった。"もし"あの時、信玄が倒れなかったら・・・。
5月24日 「もし、織田信長が本能寺で死ななかったら・・・」 天下統一へ王手を掛け、あと一歩のところで謀反にあった織田信長。"もし"本能寺で信長が生き延びていたら・・・。"もし"天下を治めていたら・・・。
6月7日 「もし、豊臣秀吉に黒田官兵衛がいなかったら・・・」 日本の歴史上、最大の立身出世を果たした豊臣秀吉。しかし、その裏には黒田官兵衛がいた事を忘れてはならない。"もし"官兵衛がいなかったら・・・
6月21日 「もし、関ヶ原で西軍が勝っていたら・・・」 日本を真っ二つに分けた日本史上最大の内戦。この時、"もし"西軍側が勝利していたら、その後の日本はどの様な歴史を辿ったのか?
7月5日 「もし、大阪の陣で豊臣が滅びなかったら・・・」 豊臣家が滅んだ大阪の陣。豊臣家には生き残る道は無かったのだろうか?"もし"生き残っていたら・・・

お申込み・お問合せ


関連資料

関連リンク