学長室 学長活動記

学長活動記

201805_photo_kazama.jpg

学長マンスリーレポート

風間学長が毎月の活動や出来事を振り返ります。

4月の活動一覧

 1日(月) 辞令交付式、新任教員研修会など。
 4日(木) 入学式。
 5日(金) 全学教員集会。
 6日(土) 相模女子大学中学部・高等部の入学式。
10日(水) 地方出身学生のための懇親会に参加。例年より早く、授業開始前に実施したことで、新入生の参加者が多く、良い会になった。
11日(木) 授業開始。「さがみ総合講座」の第一回を担当。この日から一週間、全5クラスで授業を行う(毎日1限目)。大人数の授業だが学生の反応は良かった。
13日(土) 茜館で毎週土曜日に行っているCEMLAの今年度スタートで、弥栄高校、相模原青陵高校の校長先生らとご挨拶をする。県全体の事業として定着しつつあり、関わってきた皆さまの努力に感謝。
ボーノ相模大野でさがみアカデミーの墨絵展を見る。
20日(土) 相模原市保育連絡協議会事業大会「永年勤続表彰式及び新規採用職員激励会」に参加。
22日(月) カリフォルニア州立大学チコ校のウィリアム・ダントーナ氏が来校され、一年ぶりの再会。昨年のカリフォルニアの山火事がやはり大変な災害だったことをうかがった。
午後は関東私立短期大学協会定期総会に出席。
25日(木) 相模原市南区の新区長、長谷川伸氏の訪問を受ける。
27日(土) 後援会理事会に参加。夜は懇親会。後援会の皆さんにはこの間募集活動にもご助力いただいており、入試結果について良いご報告ができて嬉しい。