学長室 学長活動記

学長活動記

201805_photo_kazama.jpg

学長マンスリーレポート

風間学長が毎月の活動や出来事を振り返ります。

9月の活動一覧

 9日(日) 本当はこの日から北海道標津町へ行き、協定締結を行う予定だったが、前週の震災のため中止(延期)となった。標津は直接の被害があったわけではないが、その後の全道停電によって宿舎等の対応ができなくなったため。大変残念だが、また日をあらためたい。もちろん標津町との交流は今後も進めていく。今回の震災の被害者の方々にお見舞いを申し上げます。 というわけで、これは活動しなかった記。
15日(土) 午後から高崎での地区懇談会に参加。高崎へ行くのは初めてなので、前日に妙義山に登り、この日の午前中は富岡製糸場を見学。地区懇談会では地元の同窓生の方とお話しする。地区懇談会が来てくれるのを待っていましたと言われ、大変うれしかった。
17日(月・祝) 本学吹奏楽部(神奈川工科大学との合同バンド、アカシャウインドアンサンブル)の定期演奏会。学長になるまで顧問をしていたので、毎年聴きに行っている。吹奏楽ならではのアンサンブルを楽しむ。昨年度クリスマス・コンサートで高等部と合同演奏会をやった流れもあってか、高等部生が大勢聴きにきてくれた。今年は3月ごろまた合同演奏会をやると伺っている。
21日(金) 春学期卒業式。毎年ささやかではあるが、きちんとした式を行えていることはうれしい。出席した2名の卒業生に学位記を手渡した。
23日(日) オ-プンキャンパス。8月の賑わいとくらべると静かに感じられるが、それでも昨年同時期を大きく上回る来場者だった。
27日(木) 授業がはじまり、木曜1限、金曜1限に「さがみ発想講座」。私の担当は最初の3回。1回目は全体ガイダンス。詳しくはリンク先を参照。
28日(金) 同上
29日(土) 朝は後援会の常任理事会に顔を出して、その後静岡へ。午後から静岡での地区懇談会に参加。毎回のことではあるが、学生の大学生活報告と、地元で就職した卒業生の話が楽しかった。学生生活の中で様々な活動に参加し、充実した4年間を送っていることに感心し、こんな意欲ある素晴らしい学生を預かっているのだと喜びと責任を感じる。

8月の活動一覧

 4日(土) オープンキャンパス。
 7日(火) 神奈川県私立幼稚園連合会設立70周年記念式典に参加。
 15日(水) 第31回相模原薪能で主催者あいさつ。
昨年は雨でグリーンホール開催となったが、今年はグラウンドで開催でき、薪能ならではの魅力を堪能した。風を感じ、雲の流れを感じ、今この場所・この時にあることを体感しながら、時空を超えた能の世界に心を遊ばせる不思議な感覚。
 19日(日) オープンキャンパス。比較的涼しく、過去最大の来場者数となった。教員・職員そして学生スタッフが研鑽してきた成果だと思う。
 25日(土) 相模大野の「もんじぇ祭り」を見物。本学からは車椅子プロジェクトと健康栄養学科の学生が、地元の飲食店にまじって出店。猛暑のなか大変な人出で、学生たちも汗だくでがんばっていた。

7月の活動一覧

 12日(木) 大学・短期大学部FD研修会に参加。テーマは「学科教育の現状と課題について」で、各学科のコンセプトや特徴的な授業方法などについて報告があった。
参加者も多く、充実した内容だった。
 14日(土) オープンキャンパス。
 24日(火) ・名誉教授称号贈呈式、および名誉教授との懇親会。
「海外に子ども用車椅子を届けよう!」ミャンマープロジェクトのメンバーから昨年度の活動について報告を受ける。
 31日(火) 神奈川県私立大学連絡協議会理事会、総会、講演会および懇親会に参加。

6月の活動一覧

 1日(金) 「地方出身学生のための懇親会」に参加。
 4日(月) 「産官学連携デザインプロジェクト」キックオフに参加。毎年恒例の横浜市経済局工業技術支援センターと企業と本学生活デザイン学科の連携によるプロジェクト。今年も学生がどんなモノを作るのか楽しみ。
 7日(木) ・午前、担任している学生(日文4年生)の教育実習の巡視。学生の授業を参観しその後指導の先生を交えて意見交換。
・夜、相模大野駅周辺商店会連合会の懇親会に参加。
 9日(土) 後援会総会。夜は後援会役員の皆さまとの懇親会。
10日(日) オープンキャンパス。何とか午前中は天気が持ってくれた。
14日(木) 本学教職センターの懇親会に参加。
15日(金) 私立大学協会関東地区連絡協議会総会に参加。
18日(月) 協定校の台湾・文藻外語大学から、久保田佐和子先生が来校され、ご挨拶。その後、この春文藻外語大学に語学研修に行った学生たちの報告会に参加。久保田先生からは、一年または半期の留学に是非来て欲しいとのお話。
21日(木) ・アエラムック『就職力で選ぶ大学2019』のためのインタビュー。地域協働活動とキャリア形成を柱とした本学の就職支援について話した。7月下旬発売予定。
・高大接続懇談会に参加。高等部の先生方と大学8役で懇談。
28日(木) 学内の研究倫理研修会とハラスメント防止・対策研修会に参加。

5月の活動一覧

13日(日) オープンキャンパス 各学科のブースを回りました。
15日(火) 客員教授の小林裕和先生と昼食。東京オリンピックの話など。
18日(金) 日本私立短期大学協会 平成30年度春季定期総会に参加。
19日(土) 熊野市、丸山千枚田の田植えに参加。
20日(日) 同上
22日(火) 株式会社リクルートのインタビュー。本学の魅力・特色をアピール。
後日WEB上に掲載予定。
27日(日) 翠葉会(同窓会)総会で挨拶。はせがわいずみ氏(昭和63年短期大学部国文科卒)の講演を聴き、その後はせがわ氏はじめ同窓生と懇談。
29日(火) 高等学校の進路担当教員への大学説明会で挨拶。
30日(水) 同上

5月のエッセイ

この3月に卒業した卒業生のもとにまもなく卒業アルバムが届きます。毎年この時期、卒業アルバムに載せるコメントを書いています。昨年までは色紙に書いたものをそのまま掲載だったので、何度も書き直して大変でしたが、今回から、普通に文章を印刷して載せてもらうことになりました。それで、こんなコメントを書きました。

“卒業おめでとう

ガリレオ・ガリレイについて
ガリレオは来る日も来る日も自作の望遠鏡で空を見つめました。
そして、月が地球と同じような地形を持つことを見つけました。
さらに、木星に地球と同じような衛星があることを見つけました。
おまけに、太陽黒点の移動から、太陽が自転していることを見つけました。
太陽も、木星も、月も、そして地球も、同じ。特別ではない星のひとつ。
ひたすら見つめて、見つめたものを記録したら、そんなことを見つけた。

地球が特別でないと知って、たぶん人類は飛躍的に自由になった。

見つめる人になる。見つける人になる。”

galileo02.jpg これは中公新書の『ガリレオ―望遠鏡が発見した宇宙』(伊藤和行)を読んで大変面白かったので、それをもとにしています。実は昨年度末の「さがみ発想講座」(全学共通科目)の最終回で、「発想」について、科学の歴史はまさに「発想の転換(パラダイム転換)」の歴史だという話をして、その例というか典型としてのコペルニクス的転回(天動説から地動説へ)におけるガリレオの話をしたのでした。
卒業してからも、いや卒業してからこそ「見つめる人になる。見つける人になる。」気持ちを持って欲しいと念じて書きました。

(参考文献:伊藤和行著(2013)『ガリレオ―望遠鏡が発見した宇宙』中公新書)


4月の活動一覧

 5日(木) 平成30年度大学・短期大学部入学式
 6日(金) 第1回全学教員集会(兼SD研修、FDオリエンテーション)
11日(水) さがみ総合講座に登壇。この日から17日(火)まで、毎日1限の「さがみ総合講座」で「学ぶことのはじまりへ」というテーマで新入生全員に話をする。『学問のすすめ』と『論語』の話。
18日(木) 提携校のカリフォルニア州立大学チコ校から、ウィリアム・ダントーナ氏が来校。3年前同校を訪問した時色々とお世話になっており、短時間ながら旧交を温めることができた。チコ校のTシャツとエコバッグをお土産にいただいた。留学している本学学生の様子をていねいに説明してくださる。
21日(土) 相模原市保育連絡協議会 永年勤続表彰式及び新規採用職員激励会に参加
23日(月) 関東私立短期大学協会 平成30年度定期総会に参加
30日(月) 東京女子大学 創立100周年記念式典に参加