女性総合講座

21世紀になり、大学を中心とした高等教育機関を取り巻く環境は、大きく変わってきています。特に大学においては、全入時代を迎え、各大学が差別化を図るために、様々なことに取り組んでいます。e-learningの導入などの授業形態に始まり、新入試制度、キャリア教育の充実、企業人による特別授業、ダブルディグリー(副専攻)など、学生にとって有益な改革ばかりです。

創立110年を超え、女性教育に長く寄与してきた本学では、社会で活躍・貢献する多くの卒業生を輩出してきました。これからもその活躍場をさらに広げるべく、色々な魅力ある仕掛け・仕組みを用意しています。その一つが4年間の大学の教育と生活および卒業後までを見据えた科目「女性総合講座」です。

女性総合講座は、2008年度より1年次必修の全学共通科目(大学)として開講されています。この科目は、本学の建学の精神(「高潔善美」)と本学における女子教育の歴史を踏まえて、本学独自の教育方針を学ぶことを目的としています。この講座は、基礎教育講座(1年次必修の全学共通科目)と並んで、大学教育の基本を知ることはもちろん、大学生活及び社会生活上必要な基礎的なルールを学ぶことも目的にしています。そのために毎年度、共通テーマを設定し、本学の教育方針・特色を分かりやすく示して講義をすすめていきます。

jyosei1.jpg 授業を担当するのは学長・学部長を始めとした教員たちだけでなく、日頃直接お話を伺う機会がほとんどない客員教授や名誉教授たち、大学生活のなかで接することの多い職員たち(教務課、学生支援課、キャリア支援課等の職員たち)も授業に加わります。こうした多様な講義は、大学で身につけたい基礎的教養のこころを知り、これからの学生生活の一助となると思います。また心身の健康やハラスメントといった大学生活をおくるうえで必要なことなども聞くこともできます。

これらの授業は、その時にあった話題の選定、新しい授業の形態(複数教員が同一テーマを話す等)を取り入れ、充実化を図っています。今後は学生たちに取り上げてほしい話題やテーマについてアンケートを実施し、授業に反映させることも考えています。

本学は「地域社会の未来をユニークな着眼点で発想し、貢献する女性を育成する」という大きな目標を掲げ、「見つめる人になる。見つける人になる。」というスローガンに思いを託しています。女性総合講座では、このスローガンを実現するためのヒント・きっかけも提供しています。

最後に、女性総合講座を受講することで、本学を知るだけではなく、コミュニケーション能力を向上させ、より多くの人(友人、卒業生、教職員など)を知る力を養い、機会が増えることを期待しています。


2017年度女性総合講座授業計画
テーマ:「大学生の教養とキャリアデザイン」

  内容 担当者
第1回 ガイダンス 女性総合講座運営委員
第2回 学園の歩みと教育理念 理事長 谷崎 昭男
第3回 「学ぶ」ことのはじまりへ 学長 風間 誠史
第4回 PROG 社会で求められる能力(1) 女性総合講座運営委員
第5回 「見つめる人になる。見つける人になる。」 ブランディング推進委員会
第6回 校歌 相模女子大学の歌について学び、歌おう 名誉教授 呉 哲男
第7回 良い授業って何だろう?~TeachingからLearningへ~ 副学長 樋川 直司
第8回 PROG 社会で求められる能力(2) PROG解説員
第9回 女性のメンタルヘルス 井上 勝夫 氏
第10回 ハラスメントと女性 名誉教授 河上 睦子
第11回 ブラックバイトってなに? ~これだけは知っておきたい労働法~ 奥貫 妃文 専任講師
第12回 女性のキャリアデザインを考える 秋元 浩子 氏 
第13回 学生時代に身につけておきたい社会人基礎力と基礎的マナー 秋元 浩子 氏 
第14回 仕事ができる人になるための「5つの習慣」 客員教授 浦辺 敏子
第15回 まとめ 女性総合講座運営委員

※履修クラスにより若干内容が変更になります。

関連リンク