教員紹介

小林 裕和 Hirokazu Kobayashi

客員教授

hirokazu_kobayashi.jpg■略歴

神奈川県生まれ、東北大学理学部地理学科卒。旅行会社に入社し、海外旅行店頭販売、法人営業などを経て、鉄道会社に出向、宣伝・観光開発を担当。その後本社部門で営業企画、経営企画、持ち株会社への経営体制移行等を担当し責任者として訪日旅行(インバウンド)専門会社設立を担当。海外勤務経験として香港で企画部門、欧州本社(オランダ・アムステルダム)にて、事業戦略、M&Aを担当、スペイン企業社外取締役。現職はグループ本社グローバル事業の経営企画を担当。
また、実務と研究と両分野から、観光を通じた社会貢献の実現を目指し、プライベートでは観光研究活動を継続。
北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院 観光創造専攻 博士後期課程単位取得後退学

■所属学会

日本観光研究学会、日本国際観光学会、経営情報学会、日本地理学会など

■関心領域

観光研究、観光イノベーション、観光マーケティング、観光情報論、持続可能な観光、ITマネジメント、経営学、マーケティング

■主な著書、論文

<著書>

  • 「にぎわい文化と地域ビジネス」(春風社)
  • 「これでわかる! 着地型観光 地域が主役のツーリズム」(学芸出版社)
  • 「旅行業の扉 JTB100年のイノベーション」(碩学社)

※上記いずれも分担執筆

<主な論文>

  • 日本におけるツーリズムの現状とサービスマネジメントの必要性(中央大学政策文化総合研究所年報/2000)
  • 「温泉地域価値」と観光による地域づくり-山形県米沢市小野川温泉の事例より-(温泉地域研究/2004)
  • Strategic Sustainable Management of Travel Industry in a Recycling Society(The 10TH APTA Conference/2004)
  • 旅行業における商品イノベーションを引き起こす旅行商品の特性について(国際広報メディア・観光学ジャーナル/2010)

関連リンク