教員紹介

有賀 忍 Shinobu Ariga

客員教授

ariga_shinobu.jpg

■専門

絵本制作・絵画・版画。想像は創造であるとの観点からの造形遊び。

■学歴

学習院大学 日本デザインスクール

■職歴

絵本作家/板絵画家
江戸川大学客員教授
2013年3月まで相模女子大学子ども教育学科特任教授を務める。
2013年4月より同大学客員教授に就任。

■所属学会

現代童画会、日本児童出版美術家連盟、子ども教育学会

■研究テーマ

絵本制作、板絵制作、創造的造形遊び、eye-hand-coordinationを活かした遊びづくり

■個展

東京、神戸、姫路、明石、松山、岡谷、駒ヶ根、相模大野、鎌倉にて個展開催

■団体展 [PRINT/PICTURE]

リュブリアナ 国際版画 ビエンナーレ、ホアンミロ 国際ドローイング コンクール、フレンヘン 国際版画トリエンナーレ、クシロン 国際 版画トリエンナーレ、グレンヘン 国際版画トリエンナーレ、オランダ 美術賞展(優秀賞)、スペイン美術賞展、ブダペスト ART of Today 展、国連設立40周年記念 ウッドカット&スカルプチャー展招待、インターグラフィック展 招待、8人の日本人 画家展 (ハンガリー)、ユーロパリア 現代日本版画展、ビトラ国際 グラフィックアーツビエンナーレ、セルビアナイーブアート展(板絵) 他

◆団体展 [ILLUSTRATION]

ボローニャ 国際絵本原画展、ラニオン 国際児童図書 ビエンナーレ、ブルノ 国際 グラフィックビエンナーレ、子どものための 聖書 イラスト展(ドイツ)、テヘラン 国際絵本 イラストビエンナーレ、 ピノキオ 100年記念 イラスト展(イタリア)、TIBI イラストビエンナーレ 他

■絵本

「きのうの ことの ように」「ひとりぼっちの ブル太」(千趣会)、「パタパタ絵本」5巻 「こんな こ いるかな」44巻 (講談社)、「ふしぎ な さかな」「3じに あおうね」(フレーベル館)、「ねぼすけ くんは だーれ?」 (大日本絵画)、 「 Qui a vu le chapeau jau ne de Bruno? 」 Fernand Nathan社(他 6カ国)、「マーリと のうさぎ」(有朋社)、「くうちゃん 絵本」13巻 (学研)、「スブタン」2巻 「ミラクルクレヨンの クレヨンまる」2巻 (小学館)、「ガムッチおうじと どんぐりの き」(長野県) 、「おとうさんの やくそく」「おばあちゃんの ちいさな おうち」(メイト)、「ほしの よる」(サンパウロ)、新装版「こんなこ いるかな」12巻 新装版「おはなし ちえあそびえほん」4巻(日本図書センター)

■画集

『有賀忍板絵作品集』(日貿出版社)

■その他

松濤美術館公募展優秀賞、現代童画会奨励賞、現代童画大賞、文部大臣奨励賞 、千葉県知事賞 、京都府教育長賞他


関連リンク