相模原・町田大学地域コンソーシアム

sagamachi.jpg「相模原・町田大学地域コンソーシアム」は、相模原市と町田市を生活圏とする地域の大学、NPO、企業、行政など様々な主体が連携し、それぞれの特性を活かした協働を通じて、魅力あふれる地域社会を創造することを目的とし、設立されました。
※平成19年6月20日(水)相模女子大学のガーデンホールにて相模原・町田大学地域コンソーシアム設立総会が開かれました。
また、相模原・町田大学地域コンソーシアム事務局は相模女子大学(1号館1階)に設置されています。

コンソーシアムとは・・・

大学の専門性や学生の活力をまちづくりに活かしたり、大学の実践的な教育・研究の場として地域を活用するなど、地域と大学相互にメリットとなる連携・協働事業を推進するために設立された、大学、企業、NPO、行政による共同事業体。

略称について

相模原・町田大学地域コンソーシアムは、さがみはら(相模原)まちだ(町田)の頭2文字を組み合わせ、覚え易く、身近な存在であってほしいという願いを込めて、ひらがな表記での「さがまちコンソーシアム」を略称としています。

コンソーシアムが実施する事業

  1. 多彩な学びの場を市民に提供する(教育学習事業)
    事業例:コンソーシアム大学の開講
    大学、企業、NPO、行政の連携・協働により、地域住民の多様な学習意欲に応えるとともに、生活者を支援する多彩な学びの機会を提供する
  2. まちづくりの担い手を育成する(人材育成事業)
    事業例:企業やNPOと学生をつなぐインターンシップの支援、地域をフィールドにした実践的な体験の場の提供。
  3. 新たな文化・福祉・産業の発展に寄与する(地域発展事業)
    事業例:大学と地域の連携・協働による地域活性化プロジェクトの実施、(仮)インタラクティブ・マーケットによる事業のコーディネート、100万人規模のコミュニティー・エリアへの情報発信。

相模原・町田大学地域コンソーシアム参加機関

大学等

青山学院大学、麻布大学、和泉短期大学、桜美林大学、北里大学、國學院大學(人間開発学部)、相模女子大学・相模女子大学短期大学部、サレジオ工業高等専門学校、女子美術大学、玉川大学、多摩美術大学、帝京大学(薬学部)、東京家政学院大学、東京女学館大学、東京造形大学、法政大学、山野美容芸術短期大学、和光大学

企業・経済団体

小田急電鉄株式会社、株式会社紀伊国屋書店、株式会社さがみはら産業創造センター、株式会社八千代銀行、株式会社横浜銀行
相模原商工会議所、町田商工会議所

公益法人

財団法人相模原市都市整備公社、財団法人相模原市民文化財団

NPO

NPO法人相模原エスティアート、NPO法人さがみはら市民会議、NPO法人CCCNET

行政

相模原市、町田市

協力機関

タウンニュース、FMさがみ

関連リンク

さがまちコンソーシアムホームページ