子育て支援事業

子育て支援事業として、現在、親子教室、ベビー発達体操、音楽療法、プレイセンター活動を行っています。

項目 内容 時間・曜日
親子教室
(申込み制)
発達が気になるお子さん(1~5歳)とその保護者の方の親子教室です。お子さんは、友達や学生との遊びを通して、対人関係や社会性を身につけます。お母さんは、仲間と一緒に子育てを学びます。

春学期:日程未定

秋学期:金曜日 全9回 10:40~12:10

幼児発達体操
(申込み制)
子どもの発達段階に合わせて感覚運動プログラムを行い、環境に対する適切な行動、運動、学習能力などを向上させます。対象年齢は、生後6ヶ月から3歳。 毎週月曜日
15:00~16:00
ベビー発達体操
(申込み制)
子どもの発達段階に合わせてベビーマッサージのプログラムを行い、赤ちゃんの精神の安定と心身の発達を促し、親子のきずなを深めます。対象年齢は6か月から1歳半位。

毎週月曜日
13:00~13:45

子どものための音楽療法
(申込み制)
音楽を通して楽しみながら集団に参加し、同年代の仲間とのコミュニュケーションを図ります。 5月、7月、11月、2月
プレイセンター活動 ニュージーランド起源の「子育て相互支援」活動を、子育て中の父母と子ども教育学科の学生との協働で展開しています。「セッション(子どもたちとの「遊び」の共有)」と「ワークショップ(子育てに関する相互学習会)」を二本柱とし、支え合い、学び合い、育ち合いを実践中です。

春学期:毎週水曜日
10:40~14:10

秋学期:毎週水曜日
10:40~12:10

お父さん・お母さんのための子育て応援♪音楽療法(申込み制) 音楽の力を借りて、自分自身や周囲で起きていることをありのままに受けとめ、肩の力を抜いて生活できるようになることをめざすグループです。クラシック音楽を使うドイツ生まれの療法「調整的音楽療法」を行います。ゆったりと音楽を聴き、その後分かち合いをして、子育てや日々のストレスに上手に対処する力を養います。「寝つきが悪い」「肩こり」「気疲れが多い」といった方にもお勧めです。 春学期:毎週金曜日
秋学期:毎週月曜日
10:45~12:10
(時間は春学期・秋学期共通)
オープンカフェ
(申込み制)
子育てについて自由に語り合う場です。日常から少し離れて、緑豊かなキャンパスの中で、「子育て」「心の成長」「自分の中の子ども」について、オープンに対話しませんか。臨床心理学の専門家と共に語り合いましょう。

2017年7月18日(火)

10:00~11:50

2017年度秋季 親子教室開催について
~ペアレントプログラムの研究協力のお願い~

相模女子大学子育て支援センターでは、毎年親子教室を実施していますが、今年度は、親子教室で実施するペアレントプログラムの研究に協力してくださるお母さんとお子さんを募集しています。研究協力に関する具体的な内容は、プログラムの開始前と開始後に、お母さんには質問紙調査を、お子さんには発達検査を実施していただくことです。親子教室の内容については、例年通りです。

開催概要
事業名 2017年度秋季 親子教室
開催日時 10月6日~12月8日の毎週金曜日
(11月3日を除く) [全9回] 10:40~12:10
開催場所 相模女子大学1号館1階 子育て支援センター
※下記関連リンクのアクセスマップおよびキャンパスマップ参照
募集対象

自閉スペクトラムに関して発達が気になるお子さん(2~4歳)とお母さん、5組前後。
※全回出席できる方を優先させていただきます

参加費及び
テキスト代
無料
※出版されたペアレントプログラムのテキストを差し上げます。
活動内容 社会的コミュニケーションの発達を促すために、お子さんに対して遊びを通した支援を行います。お母さんは、社会的コミュニケーションの発達を促すためのペアレントプログラムを行います。これは、お子さんの子育ての方法や関わり方を学ぶものです。
具体的には、以下の活動を行います。
(1)子ども活動: 学生が一対一で援助する形態での集団遊び
(2)母親活動: ペアレントプログラム(学習会とグループワーク)
担当、
スタッフ
人間心理学科教員(尾崎康子)、人間心理学科学生(尾崎康子ゼミ3年生)
申込方法 申込先 メール:kosodateshien(アットマーク)mail2.sagami-wu.ac.jp
メールタイトル 2017年度秋季親子教室申込み
本文の記載事項 ・親子の名前と年齢
・連絡先(メールアドレス、住所、電話)
・お子さんの発達の様子
問合せ先 メール:kosodateshien(アットマーク)mail2.sagami-wu.ac.jp
応募締切 8月31日
※先着順で受け付けますので早めにお申込みください
備考 *受け付けた方にはこちらからご連絡を差し上げます。
*親子教室が始まる前に個別にお子さんの発達の様子等をお聞きします。その際、ご希望の方には子育て相談・発達相談も行います。

関連資料

2017年度 お父さん・お母さんのための子育て応援♪音楽療法

音楽の力を借りて、自分自身や周囲で起きていることをありのままに受けとめ、肩の力を抜いて生活できるようになることをめざすグループです。クラシック音楽を使うドイツ生まれの療法「調整的音楽療法」を行います。ゆったりと音楽を聴き、その後分かち合いをして、子育てや日々のストレスに上手に対処する力を養います。「寝つきが悪い」「肩こり」「気疲れが多い」といった方にもお勧めです。

開催概要
事業名 2017年度 お父さん・お母さんのための子育て応援♪音楽療法
開催日時 2017年5月26日~7月14日の毎週金曜日と9月11日~11月27日の毎週月曜日
(祝日と7月7日、11月20日は除く)
10:45~12:10 【全16回】

初回は無料でご参加いただけます
調整的音楽療法がどのようなものか体験してから、継続参加されるかどうかご検討いただけます。お気軽にご参加下さい。1回だけ体験してみたいという方も歓迎します。
募集人数 10名 ※定員になり次第締め切ります
開催場所 相模女子大学1号館1階 子育て支援センター
募集対象 子育て中の方
参加費 1回 500円
内容 子育て中は何かとストレスがたまるものです。「早くしなさい!」「どうしてできないの!?」お子さんに向かってそんな言葉が増えているなあと思ったら、ちょっと余裕がなくなっているかもしれません。
このグループでは、そんなお父さん・お母さんに、ほっと一息ついていただきます。クラシック音楽を使うドイツ生まれの「調整的音楽療法」を行い、音楽の力を借りて、自分自身や周囲で起きていることをありのままに受けとめ、肩の力を抜いて生活できるようになることをめざします。ゆったりと音楽を聴き、その後分かち合いをして、子育てや日々のストレスに上手に対処する力を養います。
「寝つきが悪い」「肩こり」「気疲れが多い」といった方にもお勧めです。
継続してご参加いただくことでより効果が出るようにプログラムが組まれています。
担当者 人間心理学科 森平直子(臨床心理士)、As.人間心理学科 学生
申込方法 申込先 メール:kosodateshien(アットマーク)mail2.sagami-wu.ac.jp
FAX:042-813-5082(子育て支援センター)
メールタイトル 子育て応援音楽療法申し込み
本文への記載事項 ・参加者ご本人の氏名、年齢
・お子さんの年齢、性別
・連絡先(住所、自宅電話、携帯電話、メールアドレス)
問合せ先 kosodateshien(アットマーク)mail2.sagami-wu.ac.jp
申込締切 定員になり次第締め切ります
備考 ※無料体験会のみ参加される場合もお申し込みが必要です。
※こちらからメールでご連絡することもありますので、アドレスの指定受信など連絡がつくように設定をお願いいたします。
※車でのご入構は出来ません。公共交通機関をご利用ください。

関連資料

オープンカフェについて

18世紀から19世紀のウィーンでは、人びとがカフェに集まり、コーヒーやお茶を飲みながら、あれやこれやと話していました。カフェは、自由な対話が生まれる場所でもあったのです。 この度、相模女子大学子育て支援センターが、地域の方に向けて門を開き、子育てについて自由に語り合う場を作ることになりました。 日常から少し離れて、相模女子大学の緑のキャンパスの中で、「子育て」や「心の成長」、「自分の中の子ども」について、オープンに対話しませんか。 臨床心理学の専門家と共に語り合いましょう。

開催概要
テーマ 「子育てに活かす精神分析(2)メンタライジングについて」
開催日時 2017年7月18日(火)
10:00~10:50 ミニ講演(ワークショップ)
11:00~11:50 サポートグループ「オープンカフェの会」
募集人数 12名(お子さんを連れての参加は要相談)
開催場所 相模女子大学子育て支援センター
募集対象 子育て、自分の中の子ども、心の成長に関心のある地域の方
参加費 500円(※2017年度から参加費を集めることになりました)
スタッフ 荻本快
臨床心理士 子育て支援センター相談室コーディネーター
相模女子大学学芸学部子ども教育学科教員
※学生もアシスタントとして参加します。
申込方法 申込先 メール:kosodateshien(アットマーク)mail2.sagami-wu.ac.jp
FAX:042-813-5082(子育て支援センター)
メールタイトル オープンカフェ申込み
本文への記載事項 ・氏名
・性別
・年齢
・連絡先(メールアドレス、お電話番号)
問合せ先 上記申込先にメールまたはFAXでお問合せください。
募集期間 2017年7月17日(月)16:00まで

関連資料

2017年度 第2回音楽療法 みんみん♪セッション開催について

【音楽療法とは?】
音楽療法士が計画的に音楽を用いて身体活動を促し、相互的な交流をもちます。その効果として、運動、行動の調整、発語や教科学習の促進、コミュニケーション技術の発達・促進などが挙げられます。また、余暇支援の一つとして音楽技術獲得の援助も楽しみながら行えます。

開催概要
事業名 2017年度 第2回音楽療法 みんみん♪セッション
開催日時 2017年8月19日(土)
1.午前の部 10:30~11:30(10:00開場)
2.午後の部 13:30~14:30(13:00開場)
※ご希望の時間帯をお選びください。
募集人数 各回 15名
開催場所 相模女子大学 マーガレット本館5階 2159教室(特殊演習室E)
募集対象 障がいのあるお子様及びその兄弟姉妹
参加費 500円
持ち物 飲み物、動きやすい服装
内容 ・音楽に合わせて身体活動をする。(歩く、ボディータッチ、ダンスなど)
・様々な楽器の音や音楽との出会いを体験し、気づく。楽器操作に慣れ、音楽を通してコミュニケーションを体験する。
・声や楽器、身体の動き等を通して自己表現能力を拓き、創造的な体験をする。
・情動の発散、安定、コントロールできる能力を育む。
※参加者のお子様や個人のペースに合わせてご参加いただけます。
講師 藤本静江
日本音楽療法学会認定音楽療法士。社会福祉法人・NPO活動法人・病院精神科デイケア等で障がい児、成人の音楽療法を実践中。武蔵野音楽大学卒業。元東京心理音楽療法福祉専門学校専任講師。
As.井手絵里子 日本音楽療法学会認定音楽療法士
申込方法 申込先 メール:kosodateshien(アットマーク)mail2.sagami-wu.ac.jp
FAX:042-813-5082(子育て支援センター)
メールタイトル 第2回子どものための音楽療法申込み
本文への記載事項 ・お子様の氏名、性別、年齢(学年)
・参加希望時間帯(午前・午後)
・保護者氏名
・連絡先(住所、メールアドレス、自宅電話、携帯電話)
問合せ先 上記申込先にメールまたはFAXでお問合せください。後日連絡いたします。
募集期間 2017年5月20日(土)~2017年8月11日(金)
備考 ・お車で来校される方は 車種、ナンバーをお知らせください。
・お申込み受付後、メールにてご連絡いたしますので、「kosodateshien(アットマーク)mail2.sagami-wu.ac.jp」からのメールを受信できるアドレスでお申し込みください。

関連資料

こぐまクラブ

※2014年度まで実施

幼児期のお子さんが1歳になると、歩き始めて、言葉を話し始めます。また色んなものに興味をもち、お友達との遊びが増えてくるなど、この時期の成長は素晴らしいものです。この時期のお子さんの様々な経験は後の発達にも大きく影響します。そんな時、「お友達が欲しいけど、周りにいないわ」「心配だわ」など、子育てに悩みを持っているお母さんが多いようです。
相模女子大学「子育て支援センター」では、子どもたちの育ちの場として、「こぐまクラブ」を2014年度まで開設していました。


関連リンク


【親子教室】

support_01.jpg
support_04.jpg
support_05.jpg

【ベビー発達体操】

taisou1.jpg
taisou2.jpg
taisou3.jpg

【プレイセンター】

empowerment_04.jpg
empowerment_05.jpg
empowerment_06.jpg