人と食をつなぐ未来プロジェクト 臨床栄養セミナー

臨床栄養セミナー7

臨床栄養セミナー7:
糖尿病食事療法のための食品交換表の第7版改訂のポイントと栄養指導の実際
(※終了しました)

セミナー概要

すべての糖尿病患者において食事療法は治療の基本となります。昨年、「糖尿病食事療法のための食品交換表」が約10年ぶりに改訂されました。そこで本セミナーでは、この食品交換表が糖尿病患者・医療従事者にとって理解しやすく、使いやすい実行可能な患者教育のツールとして活用されることを目的とします。改訂作業に関わられた先生には第7版改訂のポイントや「食品交換表」の正しい使い方についてご講演いただきます。
また第一線でご活躍の先生からは、改訂のポイントを理解し、栄養指導にどう活用されているかについて実践報告をしていただきます。

開講概要

日 時 2014年7月16日(水)18:00~20:00予定(受付開始17:30)
場 所 ユニコムプラザさがみはら(市民・大学交流センター)セミナールーム1・2
ユニコムプラザさがみはら(相模大野駅北口 ボーノ相模大野 サウスモール3階)
定 員 180名(先着順)、無料
受講料 無料
対象者 医療・福祉関係者、大学・併設校および近隣教育施設の教職員
本学栄養科学部・短期大学部学生および大学院生(栄養科学研究科)
後 援 相模原市

プログラム

座長:長浜 幸子(相模女子大学栄養科学部 管理栄養学科)

I. 特別講演(18:10~19:00)

講演名 「糖尿病食品交換表の第7版改訂ポイントと正しい使い方」
担当講師 本田 佳子 先生
(女子栄養大学大学院教授、管理栄養士)
講演内容 改訂された、各表の1単位中の栄養素の平均含有量の一部変更、炭水化物エネルギー比率50・55・60%での単位配分例、食品への緑色、黄色、赤色のマーク付記などについて、その活用の意図を解説します。

II. 特別講演(19:10~19:50)

講演名 「糖尿病食品交換表の第7版改訂と栄養指導の実際」
担当講師 中村 友紀 先生
(横須賀共済病院栄養管理科、管理栄養士)
講演内容

今回の改訂では食事に占める炭水化物の割合について『3段階の単位配分例』が示されました。では、どのように単位配分を決定したらよいのでしょうか?本講演ではこの単位配分の実際について、ポイントをお話しします。

お申込・お問い合わせ

申込方法 下記必要事項を記載の上、(1)(2)いずれかの方法でプロジェクト事務局までお申し込み下さい。
(1)FAX 042-743-4717
(このページ下部にある、FAX申込書をご使用ください)
(2)E-mail hitoshoku(アットマーク)mail2.sagami-wu.ac.jp
(以下の項目を明記してお申込みください)
記載項目
(※は必須)
※ 件名(「臨床栄養7申し込み」としてください)
※ 申込者ご氏名(フリガナ)
※ 所属(学生は学部・学科・学年)

※ 職種(学生は記入不要)

医師・歯科医師(専門領域もお書き下さい)
管理栄養士・栄養士(専門領域もお書き下さい)
看護師・保健師・薬剤師・臨床検査技師・ME
介護福祉士・PT・OT・ST・歯科衛生士
その他

※ 日中のご連絡先
(FAX/メール/電話/その他:当日の急な交通事情や天候急変等による変更の場合に緊急連絡が可能な連絡先をお書き下さい)
※ 参加確認証をお送りできる宛先
(FAX/メール/郵送:上記緊急連絡先と同じ場合は記入不要)
講師への質問(もしあれば)
※ 今後の本プロジェクトの臨床栄養関連イベントに関して、メール等でのご案内の可・否・登録済をお知らせください。(「可」の方は、お知らせを配信可能なアドレスをお書き添えください)
備考 *お申し込み確認後に参加確認証をお送りいたします。お申し込み後数日以内に本学からの参加確認証が届かない場合は、念のため再度ご連絡くださいますようお願いいたします。
*お問い合わせは、FAX またはメールにて事務局までお願いいたします。(担当:長浜・水上・増子・嵐)
相模女子大学栄養科学部「人と食をつなぐ未来」プロジェクト
http://www.sagami-wu.ac.jp/features/hitoshoku/

関連資料


関連リンク