発想力に富んだ女性の育成 具体的な取り組み

第8回さがみ発想コンテスト

募集要項

趣旨

2018_contest_kou_poster.jpg 神奈川新聞社は、歴史のある地方新聞社で、神奈川県を中心に取材拠点を設け、日々、地域社会に根ざした紙面を作っています。
しかしながら、昨今は活字離れ、紙による印刷物離れが進んでいます。特に若者の新聞離れは顕著で、新聞に触れないまま社会人になる方もいます。
そこで、「こんな新聞なら読んでみたい」をテーマに、発想力豊かなアイデアを募集します。優秀なアイデアについては、実現化に向けて検討します。


※右の画像はクリックすると拡大します。

表彰(予定)
  • グランプリ(1組):商品券 3万円分
  • 準グランプリ(2組):商品券 2万円分
  • 入賞(3組):商品券 1万円分
課題(テーマ)
『こんな新聞なら読んでみたい』

新聞の見開きページ(2ページ)もしくはネット版の中で、こんな新聞なら読みたいと思う記事や特集について考えてください。
※ターゲット(読者層)は問いません。自由に発想してください。
※参考 神奈川新聞「カナロコ」 http://www.kanaloco.jp/

応募期間 2018年10月3日(水)~2018年11月9日(金)
応募資格

相模女子大学・相模女子大学短期大学部在学中の学生・卒業生、

相模女子大学高等部の生徒 および 学園の教職員

応募方法

応募フォーム(A4版1枚)をダウンロードして必要事項を記入し、下記の応募先までメール添付、または直接ご提出ください。
応募者関連事項以外の書式や体裁は自由です。追加資料などを添付しても構いません(ただし、メールで送受信可能な容量のものに限ります)。

※ご応募されたアイデアについては、商品化等、アイデアに関する一切の権利を譲渡していただきます。

【応募フォーム】

応募先 以下のいずれかの窓口へご応募ください。
・学長室 【メールアドレス】gakuchor(アットマーク)star.sagami-wu.ac.jp
・10号館1階レポートボックス
・高等部本校舎事務室前のBOX
審査方法

応募書類による一次審査後、通過者は最終審査会において、企画のプレゼンテーションを行っていただきます。
12月1日(土)の最終審査会に参加できる方のみご応募ください。

スケジュール ◆募集期間 2018年10月3日(水)~11月9日(金)
◆学内説明会 神奈川新聞社の方より、説明いただきます。是非、発想のヒントにしてください。ご参加お待ちしています。
■ 日時 10月19日(金)・24日(水)
        12:15~12:50
■ 場所 11号館2階1126教室
◆一次審査 2018年11月中旬
◆最終審査会、結果発表ならびに表彰式(観覧自由) 2018年12月1日(土) 場所:相模女子大学

関連資料

関連リンク

関連記事