人間社会学部 社会マネジメント学科

教員・在学生メッセージ

教員メッセージ

「後悔しない進路選択」が本学科らしさ
卒業後の進路は多岐にわたります

宮田 穣 教授

2017_message_01.jpg 卒業生は「長く自分らしく働けること」を大切にしています。就職活動では、企業の知名度や規模など表面的なことにとらわれず、職場の環境や仕事の質を重視。また、保護者や先輩、教職員などから適切なアドバイスを引き出して、後悔のない進路を見極めています。「社会人デビュー講座」などキャリア教育も充実しており、しっかり学べば就職活動に不安はありません。

在学生メッセージ

テレビ番組やドラマも制作
興味あることをとことん探求した4年間でした

社会マネジメント学科4年(取材当時) 加藤さん

2017_message_02.jpg

この学科では、法律から福祉まで幅広く学びながら、地域に密着した「まちづくり」について考えることができます。マスコミに興味があった私は、「ジャーナリズム論」や「クリエイティブ技法Ⅳ(サウンド)」などメディア系の授業も履修しました。楽しいのはゼミナールです。映画監督と舞台監督の経験をもつ指導教員のもと、3年次は実際にテレビ番組やドラマを制作し、いまは卒業制作として相模女子大学を紹介する映像作品「マーガレットTV」に取り組んでいます。脚本から編集まで、個性豊かなゼミ仲間とチームワークで頑張っています。

私は4年間で可能な限りの授業を取り、学科で出会った友だちと沖縄や大阪に旅行にもいきました。大学生活は一番自分がやりたいことができる時間であり、社会マネジメント学科の先生方は、学生の取り組みをとことん応援してくれます。何事にも積極的に挑戦してください。