人間社会学部 社会マネジメント学科

卒業生の活躍

卒業生インタビュー

プロジェクトをやり遂げてきた力で
地域のお客様に喜ばれるイベントを!

菊池さん:東京ガス横浜中央エネルギー株式会社 横浜港北支社
社会マネジメント学科 2016年3月卒業

2017_og_01.jpg大学時代、福島県本宮市に通って地域の課題について考えたり、福島県産のトマト「アイコ」を使った商品を開発したりするうちに、地域に密着する仕事がしたいと思いました。勤務する横浜港北支社は、約14万世帯を対象に、ガスの法定点検や検針、設置工事のほか、住宅設備機器の販売なども行っています。そこでの私の仕事の一部が、地域のお客様とのつながりを深めるためのイベント運営です。
配属されて4か月後に先輩と一緒に企画した、築地市場を訪ねるバスツアーでは、チラシの制作、バスの手配、飲食店や見学先のブッキングなど、すべてを自分たちで行いました。参加された約40名のみなさまにとても喜ばれ、「学生時代のプロジェクトをやり遂げた経験が生かせた」と嬉しくなりました。これからもより多くのお客様にご満足いただけるように頑張ってまいります!


市民の方々と触れ合う職場です 多くの人とかかわった経験が生きてきます

佐藤さん:藤沢市役所 市民自治部 善行市民センター
社会マネジメント学科 2015年3月卒

2017_og_02.jpg善行市民センターは丘の上の住宅街にあり、住民票の交付や各種届出の受付など、市役所の窓口業務の一部を担っています。また、図書室や公民館などが併設され、地域交流の場としての機能ももち合わせます。私の仕事には、窓口業務や勤怠管理に加えて、地域団体とのイベント開催がありますが、学生時代に行政の仕事に興味をもったのもこのようなイベントがきっかけでした。
大学のゼミナールでは、相模原市南区役所の方々とシンポジウムを開いたり、静岡県焼津市のまちおこしを手伝ったりして、行政の仕事の奥深さを知りました。本学と福島県本宮市との地域協働活動では農作業も体験。このような活動を通じていろいろな人とかかわる経験を積んだことが、いまの仕事につながっています。コミュニケーションはどんな仕事にも役立つ能力です。サガジョで人とかかわる素晴らしさを知ってください!

主な就職先(過去3年間・順不同)

三菱食品/三井住友銀行/神奈川銀行/かながわ信用金庫/相模原市農業協同組合/SMBCフレンド証券/SMBC日興証券/明治安田生命保険/第一生命保険/東京ガス横浜中央エネルギー/警視庁/福島県警察本部/神奈川県警察本部/茅ヶ崎市役所/藤沢市役所/クレディセゾン/エイチ・アイ・エス/オンワード樫山/三越伊勢丹/資生堂ジャパン/マリークヮントコスメチックス/ミツワ電機/横浜冷凍/キョクレイ/サマンサタバサジャパンリミテッド/ファーストリテイリング/レオパレス21 ほか