大学院 栄養科学研究科

大山 雄二 Ohyama Yuji

栄養科学研究科・健康栄養学科 教授

2sjttj00000045v7.jpg

■担当科目

食品学総論、食品機能論

■授業

食品学は健康栄養学科で学ぶさまざまな科目の基礎になる科目です。栄養士に必要な基礎をしっかり固めるため、わかりやすい授業を心掛けています。

■専門分野及び関連分野

食品学、酵素学、生物分子科学、ゲノム科学

■最終学歴

東京大学大学院農学系研究科博士課程修了

■学位

種類:農学博士 授与大学:東京大学

■職歴

帝京大学薬学部助手、理化学研究所糖鎖研究プロジェクト研究員

■所属学会

日本生化学会

■研究テーマ

糖とタンパク質の相互作用、その体内での物質変化への影響、食品分野におけるDNA解析の応用、などを中心に研究をおこなっています。

■研究業績
区分 単著/共著 著書・論文名等 発行所・掲載誌・巻・頁 発行等年
その他 共著 データベース検索に基づくシロイヌナズナのレクチンの構造分類 生化学、巻、2P-011 2014
著書 共著 Nブックス改訂食品学I 建帛社 2012
論文 共著 マルチプレックスPCRを利用したアレルギー食品の検出法の開発 相模女子大学紀要、73巻B、41-46 2009
論文 共著 Multiplex PCR of chloroplast DNA for analysis of sequence diversity among plants 相模女子大学紀要、72巻B、19-25 2008
論文 共著 動物組織のフコイダン結合タンパク質の検索 相模女子大学紀要、67巻、93-97 2003
論文 共著 プラスチックビーズを用いたレクチン活性測定法の開発 相模女子大学紀要、66巻、77-81 2002
論文 共著 海藻多糖類フコイダンを固定化したアフィニティークロマトグラフィー担体の調製 相模女子大学紀要、62巻、103-106 1998
論文 共著 Mouse β-galactoside α2,3-sialyltransferase: comparison of in vitro substrate specificity and tissue expression. Glycobiology, 7, 469-479 1997
その他 共著 スフィンゴ脂質アクチベータータンパク質とその遺伝的欠損 細胞工学、15巻、774-784 1996
論文 共著 Purification and characterization of β-galactoside-binding proteins from Caenorhabditis J.Biochem., 111, 553-555 1992
論文 共著 Structure of β-galactoside-binding lectin. Complete amino acid sequence, cloning of cDNA and production of recombinant lectin. J. Biol. Chem., 265, 21573-21579 1990
論文 共著 Nucleotide sequence of chick β-galactoside-binding lectin mRNA. Biochem. Biophys. Res. Commun., 134, 51-56 1986
論文 共著 Frontal affinity chromatography of ovalbumin glyco-asparagines on a concanavalin A-Sepharose column. J. Biol. Chem., 260, 6882-6887 1985
■受験生へのメッセージ

栄養や食物に興味のある人は、私たちの大学へ是非一度来てみてください。けっして失望させることはないと思います。

■e – mail

ooyama_yuji(アットマーク)isc.sagami-wu.ac.jp


関連リンク