学芸学部 メディア情報学科

佐藤 貴子 Sato Takako

メディア情報学科 准教授

takakoSato_photo_120.jpg■担当科目

プログラミング基礎演習、アニメーション論

■授業

演習を交えながら、「コンピュータやソフトウェアがどういう仕組みで動いているのか?」を学びます。また、自分でプログラムやコンピュータグラフィックスによる作品を作るためのスキルを身につけていきます。

■専門分野及び関連分野

情報工学、画像処理(医用画像処理)

■最終学歴

横浜国立大学大学院環境情報研究院情報メディア環境学専攻博士課程後期

■学位

種類:博士(工学)、授与大学:横浜国立大学

■職歴

横浜国立大学大学院環境情報研究院 助手
横浜国立大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリ 中核的研究機関研究員
横浜国立大学大学院環境情報研究院 特任教員(研究教員)
など

■所属学会

情報処理学会、日本データベース学会

■研究テーマ

コンピュータグラフィックス、モーションキャプチャを活用した人体動作解析
医用画像処理によるがん診断支援システムの構築

■研究業績
区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
学術論文 共著 大学生に向けたロボットPepperを用いたプログラミング教育について メディア情報研究第5号 pp.23-27. 2019
学術論文 共著 Development of a Motion Capturing and Load Analyzing System for Caregivers Aiding a Patient to Sit Up in Bed Signal and Image Analysis for Biomedical and Life Sciences (SIABLS-14), Springer (to be approved) 2014
学術論文 共著 Symmetry Recognition using Mid-Sagittal Plane Extraction and Tilt Correction in 3D Head images Proceedings of International Conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration (SICE 2013), Nagoya, Japan, 2013
学術論文 共著 双方向ハイビジョン遠隔講義システムを用いた海外の大学との教育交流の試み 情報教育研究集会講演論文集 2009年度, pp.333-336 2009
学術論文 共著 筋骨格レベルの人体記述に基づく動作評価・シミュレーションシステムの構築 情報処理学会論文誌, Vol. 46, No. 3, pp.737-752 2005
学術論文 共著 骨格モデルを用いた人体動作データベースの構築 情報処理学会論文誌:データベース, Vol.42, No.SIG1(TOD8), pp.92-102 2001

【特許・産学連携】
株式会社リアルメディアラボ 技術顧問

【その他】
医学画像処理、特にPET/CTやMRIを用いた全身のがん診断支援システムの構築を行っている。撮像機械が進化し、解像度の高い画像の撮影が可能になってきたこと、撮像時間も短縮する傾向にあることから、高解像度画像への対応も引き続き行っていきたい。

■研究資金の申請・獲得
■社会活動等

【その他】
高等部の「情報」の授業の一環で、特別講義を行った。(各2回・全10クラス)

■受験生へのメッセージ

パソコン、ATM、ゲームセンターの筐体、スマートフォンなど、日常生活でコンピュータを使わない日はありません。これらを画面の指示通りに操作するだけじゃなく、自分で自由自在に動かせるようになったら楽しいと思いませんか?
皆さんと一緒に学べる日を楽しみにしています。


関連リンク