学芸学部 メディア情報学科

加藤 由樹 Kato Yuuki

メディア情報学科 教授

kato_yuuki.jpg■担当科目

メディアの心理、データ分析演習

■専門分野及び関連分野

教育工学、メディアコミュニケーション、インターネットの心理学

■最終学歴

東京工業大学大学院社会理工学研究科 修了

■学位

種類:博士(学術) 授与大学:東京工業大学

■職歴
  • 2005年度 川村学園女子大学教育学部、獨協大学経済学部、東京工科大学メディア学部で非常勤講師
  • 2006年度 東京福祉大学社会福祉学部で専任講師
  • 2007年度から2010年度まで、東京福祉大学教育学部で専任講師
■所属学会

日本教育工学会、日本認知科学会、日本社会心理学会、日本社会情報学会、他

■研究テーマ

現在は、電子メディアコミュニケーションの中で、特にテキストメッセージのやりとりにおける感情伝達に注目した基礎および応用研究に取り組んでいます。

■研究業績
区分 単/共 著書・論文名等 発行所・掲載誌等 発行等年
学術論文 共著 Perceived usefulness of emoticons, emojis, and stickers in text messaging: Effect of gender and text-messaging dependency International Journal of Cyber Behavior, Psychology and Learning, 8(3), pp.9-23. 2018
学術論文 共著 Nobody read or reply your messages: Emotional responses among Japanese university students International Journal of Cyber Behavior, Psychology and Learning, 7(4), pp.1-11. 2017
学術論文 共著 Mobile phone placement during lectures and dependency on LINE and text messaging: Survey of students at a women’s university in Japan Journal of Socio-Informatics, 8(1), pp.28-40. 2016
学術論文 共著 Reply speed to mobile text messages among Japanese college students: When a quick reply is preferred and a late reply is acceptable Computers in Human Behavior, 44, pp.209-219 2015
学術論文 共著 試験問題の提示に関するiPadと紙とPCの比較 教育情報研究, 29(3-4), pp.15-24. 2014
著書(Book chapter) 共著 Reply timing as emotional strategy in mobile text communications of Japanese young people: Focusing on perceptual gaps between senders and recipients In J. E. Pelet & P. Papadopoulou (Eds.), User Behavior in Ubiquitous Online Environments, (pp.1-18). Hershey, PA: IGI Global 2013
著書(Book chapter) 共著 Reply timing and emotional strategy in mobile text communications of Japanese young people: Replies to messages conveying four different emotions In S. D. Long (Ed.), Virtual Work and Human Interaction Research, (pp.99-114 as Chapter 6). Hershey, PA: IGI Global 2012
著書(Book chapter) 共著 The influence of intimacy and gender on emotions in mobile phone email In D. Gokcay & G. Yildirim (Eds.), Affective Computing and Interaction: Psychological, Cognitive and Neuroscientific Perspectives, (pp.262-279). Hershey, PA: IGI Global 2011
学術論文 共著 Patterns of emotional transmission in Japanese young people’s text-based communication in four basic emotional situations International Journal on E-Learning (IJEL) Corporate, Government, Healthcare, & Higher Education, 9(2), pp.203-227 2010
学術論文 共著 Relationships between emotional states and emoticons in mobile phone email communication in Japan International Journal on E-Learning (IJEL) Corporate, Government, Healthcare, & Higher Education, 8(3), pp.385-401 2009
学術論文 共著 The influence of affective traits on emotional aspects of message receivers in text-based communication -Examination by the experiment using e-mail communication- Educational Technology Research, 31(1-2), pp.85-95 2008
学術論文 共著 Effects of emotional cues transmitted in e-mail communication on the emotions experienced by senders and receivers Computers in Human Behavior, 23(4), pp.1894-1905 2007
■研究資金の申請・獲得
■社会活動等

【学会活動】

  • 2018年 社会情報学会の論文誌、社会情報学の編集委員(10月~現在)
  • 2017年 平成30年度開催の日本教育情報学会年会の年会実行委員(~2018年)
  • 2016年 日本教育情報学会の評議員(~現在)

【社会人向け講座】

  • 教員免許更新の講師(2011年~現在)

【外部委員・審査員】

  • 2009年 教育テスト研究センター(CRET) 連携研究員(~現在)
  • 2017年 中央教育研究所 プログラミング教育の在り方研究会 委員(~2018年)
■受験生へのメッセージ

メディアや情報の分野から社会の役に立ちたいと考えている皆さん、ぜひ、一緒に学びましょう。
皆さんの持っている感性や発想力、創造力をより洗練させるために、楽しみながら学べる環境づくりを心掛けています。


関連リンク