入試に関してよくある質問

入学予定者からよくある問い合わせ(FAQ)


入学手続(1)入学辞退・学費の振り替え

質問1 入学手続期間内に手続ができなかった場合はどうなりますか。
回答1 原則、入学資格は失効されますが推薦入試に限り延納(入学手続期間の延長)が認められます。その場合は当該入学手続期間内に入試課(TEL0120-816-332直通)までご連絡ください。ただし、入学手続期間を過ぎてからの連絡は認められませんのでご注意ください。
質問2 入学辞退をしたいのですがどのようにすればよいですか。
回答2 合格通知と同封にて送付しました入学手続要項5ページ「5.入学辞退」をお読みください。
質問3 一般入試A日程で短期大学部食物栄養学科に合格し入学手続をしたのですが、その後B日程で大学栄養科学部管理栄養学科に合格しました。その場合手続はどのようにすればよいですか。
回答3 一般入試、大学入試センター試験利用入試、AO入試および社会人特別推薦入試においては手続の振替が可能です。その場合、入学金を含め全額を振り替えることが出来ます。なお既納の学費と振替先の学費が異なる場合は差額分を徴収または返還いたします。
※入学手続要項5ページ「5.入学辞退」(4)入学辞退者の本学大学・短期大学部他学科への振り替えをご覧ください。
質問4 学費納入期間の期日が週末の金曜日になっており、金曜日の15時以降に振り込んでしまうと、週明けの扱いになると銀行から言われたのですが、その場合はどうすればよいですか。
回答4 早急に入試課(TEL:0120-816-332直通)までご連絡ください。
質問5 入学前教育を受講しなかったら入学を取り消されますか?
回答5 入学を取り消すことはありませんが、通信教育については、学科ごとに入学前に必要な課題を課しているので、事前の準備として必ず取り組んでください。
スクーリングについては、やむを得ず出席できない場合には事前に学修・生活支援課(TEL:042-742-2694直通)までご連絡ください。

入学手続(2)学費関係

質問1 学費は、入学手続要項に記載されているもの以外に別途かかるものはありますか。
回答1 学科によって異なりますが、教科書購入や実習で使用する着衣、調理器具の購入が必要になる場合があります。入学後、学科からの指導を受けてください。
質問2 学費(入学金・春学期授業料・春学期施設設備費・*春学期実験実習費)は分納できますか。*実験実習費は対象学科のみ
回答2 学費の分納はできません。
質問3 入学後(1年秋学期以降)の学費(授業料・施設設備費・*実験実習費)は延納・分納できますか。*実験実習費は対象学科のみ
回答3 できません。ただ、やむを得ない場合に限り、諸手続きをしていただくことにより一定期間猶予されます。学修・生活支援課にご相談ください。
質問4 学費は銀行振り込みとなっていますが、ATM・ネットバンキングからの振り込み、または郵便局からの振り込みはできますか。
回答4 できません。振込みは銀行のみの取り扱いとなります。
指定の振込用紙を使用して、必ず窓口での振込をお願いします。
質問5 1年次秋学期以降の学費の納入方法は?現金支払いできますか?
回答5 現金での納入はできません。 入学金同様に、基本的には銀行振り込みをお願いしておりますが、ATM・ネットバンキングからの振込みも可能です。
発送する振込用紙に同封されている、ATM・ネットバンキングからの振込み方法に従い、納入してください。
質問6 学費の納入時期はいつ頃ですか。
回答6 春学期分は4月末日、秋学期分は10月末日が納入期限になります。
入学後は、9月末に秋学期分学費納入の振込用紙を保証人宛に発送します。2年次以降は毎年次4月初旬に春学期分、9月末に秋学期分の振込用紙を発送します。
質問7 学費の振込用紙を紛失しました。再発行できますか?
回答7 再発行可能です。紛失された場合は、至急経理課までご連絡ください。

入学手続(3)保証人・現住所・通学定期券

質問1 保証人と副保証人はそれぞれどのような人を選定すれば良いですか?
回答1 保証人は当該学生に関する一切の事柄(身元保証や学費、緊急時対応、他)について責任を持っていただく方となりますので、父母のどちらか(不在の場合はこれに準ずる方)としてください。副保証人は、保証人と連絡がとれなくなってしまった場合等に、保証人の責務を代わっていただく方となりますので、親族の方が望ましいです。
入学後、保証人や副保証人に変更が生じる場合は速やかに学修・生活支援課にて変更の手続きを行ってください。
質問2 二世帯住宅なのですが、在学保証書の保証人と副保証人は同じ住所ではダメですか。
回答2 別生計の場合にのみ同一住所でも可とします。その場合は、在学保証書の余白部分に「保証人と副保証人の住所は同じだが、生計は別である。」と保証人による一筆と捺印を必ずお願いします。
質問3 入学前に引っ越すことが決まっており、現在の住所と入学時の住所が異なるのですが、個人カードの現住所欄にはどちらの住所を記載すればいいですか。
回答3 現住所を書いてください。引っ越しをした時点で、新しい住民票を学修・生活支援課まで送ってください。その際、新しい住民票には学生本人の名前と受験番号を必ず記入してください。また、入学時のオリエンテーションにて個人カードの訂正を行ってください。
質問4 入学時には一人暮らしをする予定ですが、その場合の住所は大学に知らせた方がよいですか。また知らせる場合はいつのタイミングですか。
回答4 必ず知らせてください。入学時のオリエンテーションで提出していただいた個人カードを学生ご本人に確認してもらう機会があります。その際に、本人住所に記入してください。
質問5 入学前に定期券を購入したいのですが、可能ですか。
回答5 定期券の購入には学生証が必要となります。したがって、入学後に学生証が配付されてから購入可能となります。

奨学金・オリエンテーション・学生生活

質問1 奨学金はどのような種類がありますか?
回答1 経済的に安定した学生生活を送るための支援として、日本学生支援機構などの公的な奨学金の他、本学独自の奨学金、後援会の奨学金などにより、さまざまな経済的事情を抱える学生に対応できるよう支援制度の充実に努めています。
質問2 事前に申し込みのできる奨学金はありますか?
回答2 本学独自の奨学金は、事前に申し込むことはできません。入学後の申し込みになります。日本学生支援機構奨学金は、事前申し込み(予約採用)が可能です。受付は高校を通して行います。詳しくは在学している高校で確認してください。
質問3 入学前に貸与を受けられる奨学金はありますか?
回答3 ありません。入学前に学資金を用意する場合は、国の教育ローンなどをご利用ください。国の教育ローン
質問4 奨学金の募集はいつありますか?
回答4 大学入学後に申請する定期採用は、4月に希望学生を対象に募集説明会を実施します。募集説明会日程は、新入生オリエンテーションで資料を配付します。
質問5 日本学生支援機構奨学金の予約採用を申し込んでいます。大学で手続きすることはありますか?
回答5 4月上旬に手続きをすることで採用が決定します。手続きの日程については、新入生オリエンテーションで説明します。採用者(採用候補者)には日本学生支援機構から採用候補者への案内資料が入学前に配付されます。手続き方法の詳細が載っていますので、入学前によく読んで準備をしておいてください。
質問6 日本学生支援機構奨学金に採用された場合、奨学金はいつから貸与されますか?
回答6 予約採用者は5月、定期採用者は7月からを予定しています。
質問7 オリエンテーションの詳細を教えてください。
回答7 詳細は、オリエンテーション初日に配付する予定です。
質問8 入学式の服装について教えてください。
回答8 スーツの方が多いですが、特に決まりはありません。
質問9 学校生活における悩みを相談できる施設はありますか?
回答9 学内に学生相談室があり、カウンセラーが相談に応じています。利用は在籍期間中となるので、相談がある場合は入学後に受け付けます。 詳しい利用方法は、4月のオリエンテーションでお知らせします。
質問10 バイクで通学したいのですが、可能ですか?
回答10 安全確保と環境保全のため、バイク・自動車での通学および構内の乗り入れを全面的に禁止しています。自転車通学は、認められていますが、登録制ですので、オリエンテーション期間中に開催される『自転車交通安全講習会』に参加し、自転車保険に加入していただきます。
質問11 クラブ活動に興味があるのですが、どのようなクラブがありますか?
回答11 クラブ活動については本学ホームページにて紹介しています。活動内容や活動日なども掲載していますので、ぜひご覧ください。

その他

質問1 教科書はいつ、どのように購入したらいいですか?
回答1 大学ホームページ上にあるシラバスシステム(授業概要)で、希望の授業を検索し、テキスト欄を参照してください。また、第1回目の授業で各先生から説明があると思うので、それに従って購入をしてください。
質問2 自宅でパソコンを買う必要はありますか。
回答2 基本的には必要ありません。学内に自由に利用できるパソコンルームがありますので、必要な場合はそちらを利用してください。
質問3 どんなパソコンを買ったらいいですか。
回答3 特に決まりはありません。
参考までに、学内に設置しているパソコンの多くはWindowsです。また、授業ではMicrosoftOfficeのWord、Excel、PowerPointなどを使用しています。ただし、一部の授業では特殊なソフトを使用する場合もありますので、オリエンテーション等で学科の先生に確認してから購入することをお薦めします。
質問4 地域協働活動は、どうしたら参加できますか?
回答4 その都度、学内で説明会を開催していますので、地域協働活動に参加を希望する場合は、必ず説明会に参加してください。説明会の開催については、学生連絡メール(Smile Sagami)でお知らせします。