各種窓口・手続き 学生証・学籍・学費

学籍

諸般の事情により進路を変更するときは次の手続きをしてください。休学・退学を希望する場合は、事前にクラス担任に相談し、承諾を得る必要があります。

(1)休学

  1. 病気その他やむを得ない事情により3ヵ月以上欠席する場合は、願い書を提出して休学することができます。ただし、休学期間は継続して1年以内です。
  2. 休学中の学生が、学年が変わっても、なお休学を継続する場合は、あらためて休学願を提出しなければなりません。
  3. 休学期間は、修業年限および在学期間に算入しませんので旧学年を再履修することになります。
  4. 休学中は、その学期の試験を受けることはできません。
  5. 学費は、休学の場合も納めなければなりません。休学期間が6ヶ月以上1年以内の場合、授業料は半額になりますがその他の諸経費は納めることになります。
窓口 手続き 期限
教務課 『休学願』を提出 各学期の始まる1ヶ月前までに提出

(2)復学

休学の事情が解消して復帰を希望する場合は、所定の手続きを経て復学ができます。

窓口 手続き 期限
教務課 『復学願』を提出 各学期の始まる1ヶ月前までに提出

(3)退学

退学を考える場合は、所定の手続きを経て退学ができます。ただし、学費を滞納したままでは認められません。学費未納の場合は、学費未納者として退学を命ずることになります。また在学年限もしくは休学期間を越えたものについても同様となります。

窓口 手続き 期限
教務課 『退学願』を提出 各学期の始まる1ヶ月前までに提出

(4)再入学

  1. 退学した後に再入学を希望する場合は、所定の手続きをしてください。志望学科に欠員のある場合に限り、審査の上、再入学を許可します。
  2. 在学年数・休学期間を超えた者、長期行方不明で退学を命じられた場合は、再入学できません。
窓口 手続き 期限
教務課 『再入学願』を提出 1月末までに提出

(5)転学部・転学科

転学部・転学科を希望する学生には、受け入れ学科の収容能力がある場合に限り、選考の上、転科を許可することがあります。転部・転科は将来計画等を充分検討し た上で認めるものであり、単位修得状況によっては認められない場合もあります。希望する場合はクラス担任の承諾を得る必要があります。

窓口 手続き 期限
教務課 『転部・転科願』を提出し検定料3万円を支払う。
(詳細は掲示)
1月末までに出願

(6)在学期間延長制度

卒業要件を満たしても本学に留まり、引き続き在学することができる制度です。

  1. 本制度の適用を受けるには、願い出により、「授業科目を履修するのか」・「在籍だけとするのか」を選択し、在籍期間を延長することができます。
  2. 在籍期間延長の場合、卒業は翌年度末となりますが、所定の手続きにより、春学期末に卒業することも可能です。
  3. 1年間の在学期間延長の後は、所定の手続きにより、1回限り再延長することが可能です。
窓口
詳細は教務課に相談してください。

(7)海外留学

協定校留学(本学と協定のある外国の大学)、および認定校留学(教授会の議を経て学長が認定した外国の大学または短期大学への留学)があります。
対象は、大学生は本学に1年以上在学し、前年度までの在籍期間数に15単位を乗じた単位数を修得した者、短大生は1学期以上在学し、在学期数に15単位を乗じた単位数を修得した者です。

窓口
詳細は教務課に相談してください。

(8)科目等履修生

本学には科目等履修生の制度があります。

窓口
詳細は教務課に相談してください。

(9)編入学

本学4年制大学の各学科で3年次編入学試験を実施しています。

窓口
詳細は入学支援課に相談してください。

修業年数について

大学の修業年限は4年で、8年を超えて在学することはできません。短期大学の修業年限は2年で4年を超えて在学することはできません。