国際交流 ソウル女子大学

ソウル女子大学

Seoul Women's University

Seoul_Womens_University_01.jpg

ソウル女子大学(韓国・ソウル)

 

ソウル女子大学

1960年に設立されたプロテスタント系の女子大学で、21世紀の社会で活躍する女性リーダーの育成を大きく掲げています。
キャンパスはソウル中心から地下鉄で40分ほどのところにあり、約8,500人の学生が、5つの学部と4つの大学院で学んでいます。
緑に囲まれたとても静かなキャンパス内に学生寮もあります。また、大学キャンパス内の歩道は女子大学らしく、ヒールのある靴で歩いても疲れない工夫がされています。

韓国語教育部(語学堂)

2004年に設立された韓国語学習機関で、毎年夏には日本人大学生を対象とした特別集中プログラムが開かれます。韓国語を学ぶ韓国語授業と韓国文化体験ができる韓国文化授業に大きく分かれています。
また週に2時間程度韓国語ボランティアプログラム「トウミ制度」を利用でき、3週間の短期間で韓国語だけでなく、韓国伝統文化にも触れることができるプログラムとなっています。
滞在はキャンパス内の学生寮で、通常はソウル女子大学の学生が利用している寮だけあって、共有スペース「コモンルーム」や自習室などの設備も整っています。

首都・ソウル

「ソウル」というのは韓国語で「みやこ」という意味を持ちます。
現在の人口は1030万人弱で、首都圏で考えると韓国全体の4分の1にあたる人口がソウルに集中しています。
三方を山に囲まれ、街を流れる漢江は自然のシンボルであり、1年を通してすばらしい風景を見ることができます。
高層建築や市場、ナイトマーケットが多く、街のほとんどを占めていますが、古代の寺院、宮殿などの歴史的建造物も維持しています。
「見る・買う・食べる」の3大要素がすべて詰まっており、地下鉄が網の目のように張り巡らされているので、どこにでも簡単に行くことができます。観光にも最適で、生活もしやすい魅力的な都会です。

関連リンク