健康管理 保健センター

感染症にかかったら

学校保健安全法施行規則に定める感染症にかかった場合

インフルエンザ等、学校保健安全法施行規則に定める感染症にかかった場合は、治癒するまでの間、出席停止となります。

感染が確認された場合は、速やかに保健センターに連絡をしてください。
連絡先: 042-747-9072、042-747-9583

完治後の手続きについて

(1)インフルエンザの場合

  1. いつから登校するかを、保健センターに電話連絡する
  2. インフルエンザ治癒報告書を保健センターに提出する
    (印鑑・領収書・薬の説明書等受診したことがわかるものを持参)
  3. 保健センターが「インフルエンザ治癒報告書」を確認し、「出席停止報告書」を発行する
  4. 「出席停止報告書」を教務課に提出する
  5. 教務課の受付印が押された「出席停止報告書」を履修科目数分コピーし、
    速やかに科目担当教員に提出する

(2)インフルエンザ以外の場合

  1. 「感染症登校許可証明書」を印刷し、医師に必要事項を記入・押印してもらう
  2. いつから登校するかを、保健センターに電話連絡する
  3. 記入・押印済みの「感染症登校許可証明書」を保健センターに提出する(印鑑持参)
  4. 保健センターが「感染症登校許可証明書」を確認し、「出席停止報告書」を発行する
  5. 「出席停止報告書」を教務課に提出する
  6. 教務課の受付印が押された「出席停止報告書」を履修科目数分コピーし、
    速やかに科目担当教員に提出する

その他

「出席停止報告書」の提出が遅れた場合は、無効(欠席扱い)となることがありますので、注意してください。

「感染症登校許可証明書」は必ずしも本学所定の様式である必要はありませんが、次の項目を含む必要があります。

  • 感染症名
  • 登校禁止期間
  • 登校許可日
  • 医療機関名
  • 医師名

参考:学校保健安全法施行規則に定める主な感染症

感 染 症 名
第一種 エボラ出血熱 等
第二種 インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く)
百日咳
麻しん(はしか)
水痘(水ぼうそう)
風しん(三日ばしか)
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
咽頭結膜熱(プール熱)
結核
髄膜炎菌性髄膜炎
第三種 流行性結膜炎 等
その他 溶連菌感染症

 

<出席停止期間>

症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで

マイコプラズマ肺炎
感染性胃腸炎
A型肝炎
ノロウィルス
サルモネラ感染症
カンピロバクター感染症
インフルエンザ菌感染症
肺炎球菌感染症

関連資料