授業について

授業時間

1年間の授業は「春学期」と「秋学期」の二期にわかれ、各期15週15回の授業で完了します。本学の授業時間は、1時限を90分としています。

第1時限 第2時限 昼休み 第3時限 第4時限 第5時限 第6時限
9:00

10:30
10:40

12:10
12:10

13:00
13:00

14:30
14:40

16:10
16:20

17:50
18:00

19:30

※実験実習科目(135分授業)の始業は、9:55~、13:55~の場合があります。

授業の種類

授業形態 単位計算基準 単位数
講義 15時間の授業をもって1単位とする。
大学が別に定める授業科目については、30時間の授業をもって1単位とする。
2単位
1コマ×15回
演習 30時間の授業をもって1単位とする。
大学が別に定める授業科目については、15時間の授業をもって1単位とする。
1単位
1コマ×15回
実験
実習
実技
45時間の授業をもって1単位とする。
大学が別に定める授業科目については、30時間の授業をもって1単位とする。
1単位
1.5コマ×15回

※1単位の学習量は45時間を基準としています。この学習時間は、授業形態ごとに規定された授業時間に加え、授業時間外に必要な自主学習の時間が考慮されています。

休講・補講

教員の公務、学会参加、病気等により、授業が休講となる場合あります。
休講・補講は、科目担当教員からの届出があり次第、掲示板でお知らせします。また、休講・補講情報は、SmileSagami(学生ポータル)からも確認することができます。
休講通知がなく、始業時間から30分以上経過しても担当教員が教室へ出講しない場合には、教務課の指示に従ってください。
休講となった場合は、必ず補講が行われます。補講についても、教務課から通知します。補講は、主に土曜日、平日の6時限の時間帯に行われます。

授業の出欠席

授業は原則として全て出席することが求められます。全授業回数の1/3を超えて欠席した場合には、その授業科目の学期末試験の受験資格を失います。

欠席届

以下の理由がある場合には、欠席届の手続きをすることができます。ただし、欠席届の扱いは科目担当教員の判断となります。

欠席理由 取り扱い窓口 手続きに必要なもの
事故・入院(病気)・忌引 教務課 印鑑・証明書類
課外活動(大会) 学生支援課
就職活動(対象:卒業年次生) キャリア支援課

(注意)
(1)数週間にわたる入院など、長期にわたって担当教員と連絡を取ることができない場合には、直ちに教務課へ連絡してください。
(2)感染症(麻疹や風疹等)にかかった場合は出席停止となり別途手続きが必要です。
(3)欠席届による忌引の適用範囲は「2親等まで」です。
     (例:父・母・祖父母・兄弟・姉妹)
(4)就職活動による欠席は、キャリア支援課指定の欠席届が必要となります。

公欠

本学で公欠となるのは、栄養実習・教育実習の学外実習と忌引の場合のみです。但し、保育士資格科目は忌引の場合も公欠になりません。

※忌引公欠期間は以下のとおり(通夜・告別式の日を含む)。
1親等(配偶者含む):7日間/2親等:4日間

出席停止

学校保健安全法施行規則に定める感染症に感染した場合はこちら