授業について

授業時間

1年間の授業は「春学期」と「秋学期」の二期にわかれ、各期15週15回の授業で完了します。本学の授業時間は、1時限を90分としています。

 

第1時限 第2時限 昼休み 第3時限 第4時限 第5時限 第6時限
9:00

10:30
10:40

12:10
12:10

13:00
13:00

14:30
14:40

16:10
16:20

17:50
18:00

19:30

※実験実習科目(135分授業)の始業は、9:55~、13:55~の場合があります。

授業の種類

授業形態 単位計算基準 単位数
講義 15時間の授業をもって1単位とする。
大学が別に定める授業科目については、30時間の授業をもって1単位とする。
2単位
1コマ×15回
演習 30時間の授業をもって1単位とする。
大学が別に定める授業科目については、15時間の授業をもって1単位とする。
1単位
1コマ×15回
実験
実習
実技
45時間の授業をもって1単位とする。
大学が別に定める授業科目については、30時間の授業をもって1単位とする。
1単位
1.5コマ×15回

※1単位の学習量は45時間を基準としています。この学習時間は、授業形態ごとに規定された授業時間に加え、授業時間外に必要な自主学習の時間が考慮されています。

休講・補講

教員の公務、学会参加、病気等により、授業が休講となる場合あります。
休講・補講は、科目担当教員からの届出があり次第、掲示板でお知らせします。また、休講・補講情報は、SmileSagami(学生ポータル)からも確認することができます。
休講通知がなく、始業時間から30分以上経過しても担当教員が教室へ出講しない場合には、教務課の指示に従ってください。
休講となった場合は、必ず補講が行われます。補講についても、教務課から通知します。補講は、主に土曜日、平日の6時限の時間帯に行われます。

授業の出欠席

『相模女子大学・相模女子大学短期大学部試験規程』に

第5条 次の各号のいずれかに該当する者は、受験資格を失う。
(1) 欠席時数が当該授業科目の規定時間数の3分の1を超えた者

とあるとおり、規定時間数(半期15回/通年30回)の3分の1(5回/10回)を超えて授業を欠席した場合には、学期末の試験受験やレポート提出の資格がなくなります。
これまでどおり公欠願、欠席届(忌引による公欠含む)、出席停止報告書の提出は必要ですが、あくまでも欠席理由を申告するためのものとし、授業欠席の取扱いは各授業担当の教員判断に任されることになりました。
詳細は、授業担当教員に各自で確認をしてください。

公欠願

欠席理由 手続き方法
介護等体験 実習前のガイダンスで配付された用紙に各自で記入しコピーして、各授業の担当教員へ直接渡す。
臨地実習
給食管理実習(校外)
教育実習
保育実習 教務課に相談する。
図書館実習 教務課で配付される用紙に各自で記入しコピーして、各授業の担当教員へ直接渡す。
その他学科が定める実習 学科教員の指示に従う。
忌引きによる公欠 教務課窓口にて手続き。
1:印 鑑
2:会葬礼状等(通夜・葬儀の事実や日付等を証明できるもの。亡くなった方と苗字が違う場合には、保証人の一筆も必要。)
3:1、2を教務課へ持参。その後、教務課で発行する書類を各授業の担当教員へコピーして渡す。

※公欠願による忌引の適用範囲は「2親等まで」です。(例:父・母・祖父母・兄弟・姉妹)

欠席届

欠席理由 取り扱い窓口 手続き方法
事故、通院、入院 教務課 1:印 鑑
2:証明書類
を取り扱い窓口へ持参し、発行された書類を各授業の担当教員へコピーして渡す。
課外活動(大会) 学生支援課
就職活動(卒年次生のみ) キャリア支援課

※事故や入院等で長期の欠席となる場合には、まずは教務課へ連絡してください。その後、出席ができる状態になった時点で他の事案と同様の手続きを取ってください。

出席停止報告書

欠席理由 取り扱い窓口 手続き方法
インフルエンザや麻しん、風しん、感染性胃腸炎(ノロウィルス他)など 保健センター
教務課
1:罹患してしまったら、保健センターへ電話連絡
2:回復後、医療機関の診断書・登校許可証・治癒を証明するもののいずれかを保健センターへ提出(インフルエンザの場合は不要)
3:出席停止報告書を作成し、教務課へ持参。書類を各授業の担当教員へコピーして渡す。

※ 手続き方法の詳細はStudent Handbookにも掲載しています。詳細はこちら

手続き期間について

(ただし、別途指示がある場合はこの限りではありません。)

これまでは手続きに期限を設けず受け付けていましたが、今後は、『欠席・出席停止・公欠最終日の翌日から5授業日以内』もしくは『試験開始前』の早い方までに教務課窓口で手続きを取るようにしてください。手続き期間を過ぎたものについては取り扱いができません。また、発行された書類は、手続き後すぐの授業で担当教員へ提出してください。

《手続き期間のイメージ》

class_steps.jpg

授業なし日、相生祭期間、冬季休業期間等授業が行われない日は含まれません。祝日授業日は手続き期間に含まれます。