さがみ発想コンテスト第2回グランプリ受賞企画「キッズレストラン~1日料理長体験~」が、5月12日に伊勢丹相模原店で開催されることになりました! そこでグランプリの3人に、受賞の感想や企画考案中のエピソードについて迫りました。

相模女子大学と地元企業が共同で開催しているアイデアコンテスト。
企業・店舗を活性化する企画を相模女子大学の学生から募集しています。
第2回の今回は伊勢丹相模原店と共催し「子ども(幼稚園児~小学生)にとって魅力ある
新しい地域百貨店作り」をテーマに募集を行いました。

日高さん・松浦さん・東山さん:
お子さんにシェフになりきって料理を作ってもらい、お客さん役のお母さんにその料理を食べてもらうイベントです。

東山さん:
私たちは食物栄養学科の学生なので、専門分野の「食」を活かせるものにしよう!ということで考えました。

松浦さん:
元から仲の良かった3人組です♪学科が一緒なのと、古着や音楽が好きなことで意気投合しました。
東山さん:
日高さんが、私と松浦さんを誘ってくれたんですよ。

日高さん:
リサーチのために、伊勢丹以外にもたくさんの百貨店を見て回ったことです!実際に足を運んで調べることで、企画をより良くしていけたと思います。

松浦さん:
プレゼンテーションというものを経験したことがなかったので、どういったものかを調べるところから始めたことです。資料を作るためにパワーポイントの使い方も必死に勉強しました。
東山さん:
体調を崩してしまい、打ち合わせに参加できない期間があったことが残念でした。

松浦さん:
本当に
ビックリしました!!

日高さん:
うれしかったです!相模女子大学は企業に提案をする機会が多くありますが、今回はそれが提案だけじゃなくて実現できて本当に良かったと思いました。
松浦さん:
私もうれしかったですが、実現に当たっての問題点や難しい部分も出てくるだろうなという、不安な気持ちもありました。
東山さん:
提案だけではなく実施するチャンスも与えてくれるんだ!と驚きました。

日高さん:
企業の方といろいろなお話ができたので、これから就職活動をするにあたりとても参考になりました。

日高さん:
栄養士になって、新しい料理を発想していきたいです!!
松浦さん:
保育園の栄養士になりたいです。キッズレストランはとても良い経験になってます。
東山さん:
保育園か福祉施設の栄養士になりたいです。

日高さん・松浦さん・東山さん:
必ず良い経験になるので、ぜひ参加して欲しいです。

■時間:①10:30~(ランチ)
    ②14:00~(おやつ)
※時間帯により調理するメニューが異なります
■場所:本館地階 イートインパーク
■対象:小学1年生〜3年生
■定員:各回5組10名様
※ご参加はお子さま1名・お母さま1名のペアのみ
 とさせていただきます
■参加費(1組2名様):500円
■応募受付期間:5月2日(木)~5月6日(月・振替休日)
■応募受付場所:本館地階 食料品サービスカウンター
 ※応募受付は店頭のみとなります。また、応募者多数の場合は抽選となります
 ※抽選の結果は当選された方にのみ電話にてご連絡いたします
●お問い合わせ先 042-740-1111(伊勢丹相模原店・大代表)