ブックタイトル相模女子大学

ページ
92/122

このページは 相模女子大学 の電子ブックに掲載されている92ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

相模女子大学

090 食物栄養学科1年次から実習を通じて、さまざまな力を付けられます 私は高校時代、生徒会や勉強などすべてに全力投球する一方で、食生活の乱れから体調を崩すことがありました。「栄養について学び、食事の管理ができるようになりたい」と思い、母の母校でもある相模女子大学に入学しました。食物栄養学科では1年次からいろいろな実習があります。給食管理実習の授業では、対象者の栄養目標量に合った献立を考えて試作し、発注などの事務作業を経て100食分の給食を調理しました。限られた人手、設備費用、時間のもとで、安全でおいしい食事をつくることは大変でした。でも実習を通じて、臨機応変に対応する力や課題を見つけて改善する力が身に付きました。2年間という時間のなかでの学びはとても充実しています。つねに「いま何ができるか」を考えて行動できるようになります。いまはヘルスケア業界で栄養士として働くことが目標です。将来的には管理栄養士の資格にも挑戦したいと思っています。短期大学部岩田 和歩食物栄養学科2年 神奈川県立足柄高等学校出身かずほ