ブックタイトル相模女子大学

ページ
90/122

このページは 相模女子大学 の電子ブックに掲載されている90ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

相模女子大学

088 食生活の面から健康維持・疾病予防に貢献しますやりたいことをすべて実行。充実した4年間でした 管理栄養士には、集団や個人の特性を把握し、対象に応じた適切な栄養指導を行うスキルが必要です。円谷ゼミでは、市町と連携して地域住民の栄養・食塩摂取量を調査しています。これは食事の記録に加えて、1日の食塩摂取量を正確に把握するために24時間の蓄尿を行うものです。結果を一人ひとりに伝えることで、個人の食生活の改善を促し、行政による高血圧や慢性腎臓病の対策にもつなげています。 課題やテスト、グループワークが多くて忙しい学科ですが、私はアルバイトや部活動、遊びなど、やりたいことすべてに取り組みました。おかげで時間を無駄にせず、計画的に行動する力が身に付きました。クラス制ですので、いつも仲間と一緒です。管理栄養士をめざしてともに頑張り、一生付き合いたいと思える友だちにも出会えました!地域住民と接して幅広い視野を養ってください。管理栄養士の仕事は幅が広く、やりがいがあって楽しいですよ!円谷 由子 准教授押尾 実可子 管理栄養学科4年(取材当時)/神奈川県立市ケ尾高等学校出身ゼミナール紹介私の4年間地域に出向いて住民の方々とかかわっています。調査結果を報告したときにいただく、感謝の言葉が励みです。宮谷 有美管理栄養学科4年神奈川県立大磯高等学校出身「地域社会の栄養対策」 円谷ゼミ 卒業研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ1年次2年次3年次4年次卒業後栄養に関する基本的なことを学びました。調理科学から生化学まであって、学びの幅の広さを実感。講義で学んだことを実習や実験で実践しました。実際に作業をすることで知識が深まりました。3つの臨地実習を通じて、管理栄養士の活躍を目の当たりに。進みたい分野が明確になりました。就職活動、卒業研究、国家試験の勉強を並行して進めました。卒業論文は透析食についてまとめました。管理栄養士として総合病院で勤務します。「この人がいないとだめだ」と言われる存在をめざします。