ブックタイトル相模女子大学

ページ
6/122

このページは 相模女子大学 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

相模女子大学

1900(明治33)年 西澤之助、東京市本郷区龍岡町に日本女学校を設立1909(明治42)年 東京市小石川区大塚町に帝国女子専門学校を開設日本高等女学校(日本女学校を改組)附設1915(大正 4 )年 静修実科女学校を併設1945(昭和20)年 校舎、学寮を戦災によって失う1946(昭和21)年 神奈川県相模原市の現在地に移転1949(昭和24)年 相模女子大学学芸学部(国文学科・食物学科・経済学科)開設1950(昭和25)年 静修女子高等学校、同中学校を、それぞれ相模女子大学高等学校、同中学校に改称相模女子大学幼稚園開設1951(昭和26)年 短期大学部(国文科・家政科)開設高等学校、中学校、幼稚園を、それぞれ高等部、中学部、幼稚部と改称相模女子大学小学部開設1966(昭和41)年 短期大学部英文科開設1967(昭和42)年 学芸学部英米文学科開設1968(昭和43)年 学芸学部食物学科を食物学専攻と管理栄養士専攻に分離1970(昭和45)年 短期大学部家政科を家政専攻と食物栄養専攻に分離1978(昭和53)年 短期大学部家政科家政専攻を生活経営専攻と生活造形専攻に分離1991(平成 3 )年 カナダ・マニトバ州立大学と協定を結ぶ1999(平成11)年 短期大学部英文科を英語英文科、家政科を生活学科に改称2000(平成12)年 創立100周年を迎える学芸学部英米文学科を英語英米文学科に改称2003(平成15)年 学芸学部人間社会学科開設、国文学科を日本語日本文学科に改称短期大学部メディア情報学科開設短期大学部生活学科生活造形専攻を生活造形学科、生活学科食物栄養専攻を食物栄養学科に改組2008(平成20)年 大学院栄養科学研究科栄養科学専攻博士前期課程、学芸学部子ども教育学科開設学芸学部英語英米文学科を英語文化コミュニケーション学科、短期大学部生活造形学科を生活デザイン学科に改称短期大学部メディア情報学科を学芸学部メディア情報学科に改組学芸学部人間社会学科を人間社会学部社会マネジメント学科と人間心理学科に改組学芸学部食物学科食物学専攻を栄養科学部健康栄養学科、学芸学部食物学科管理栄養士専攻を栄養科学部管理栄学科に改組オーストラリア・モナシュ大学と協定を結ぶ2009(平成21)年 韓国・国民大学校と協定を結ぶ2010(平成22)年 創立110周年を迎える大学院栄養科学研究科栄養科学専攻博士後期課程開設2011(平成23)年 台湾・文藻外語学院と協定を結ぶ2013(平成25)年 短期大学部生活デザイン学科を学芸学部生活デザイン学科に改組2014(平成26)年 韓国・ソウル女子大学と協定を結ぶ2015(平成27)年 アメリカ・カリフォルニア州立大学チコ校と協定を結ぶフィリピン・セント・ラサール大学と協定を結ぶ2016(平成28)年 幼稚部を幼保連携型認定こども園に移行2020(令和 2 )年 創立120周年を迎える学園沿革004 創立者 西 澤之助1900(明治33)年 日本女学校設立1921(大正10)年 帝国女子専門学校大塚校舎正門1949(昭和24)年 第1回大学祭開催1902(明治35)年 日本女学校技芸科第1回卒業生1923(大正12)年 帝国女子専門学校国文学科卒業生1949(昭和24)年 相模女子大学開設(正門と役員)2020年 相模女子大学は120周年を迎えます。 相模女子大学の発祥は、1900(明治33)年に東京に開設された日本女学校です。戦禍で校舎や寮など一切を失い、1946(昭和21)年に相模原の地を新しい学びの場に定めました。ひとつのキャンパスに幼稚部(認定こども園)から大学院までを擁する豊かな教育環境を実現させた本学は、まもなく建学120年を迎えます。これからも日本の女性教育における大きな使命と意義を担ってまいります。