ブックタイトル相模女子大学

ページ
57/122

このページは 相模女子大学 の電子ブックに掲載されている57ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

相模女子大学

学芸学部 メディア情報学科055メディアの変化に対応できる、メディアに関する知識と技術を身につけた女性を育む。将来のメディアの状況を見据えながら、アニメ、ゲーム、動画などを文化や社会の面から研究する一方で、デジタルの技術を活用し、コンテンツの制作を基礎から学ぶ文化系の学科です。メディア情報学科の学びのキーワード資格・教員免許情報処理や知的財産に関する資格や高等学校教諭一種免許状(情報)を取得できます。メディア情報学科の学びのポイントマンガ普段なにげなく読んでいるマンガについて、研究することができます。ゲームゲームの歴史やメディアとの関係、実際のコンテンツ制作などについて学べます。アニメーション動きのあるビジュアルのプログラミングを勉強することができます。Webデザインプログラミングとデザインを学び、ホームページやアプリを制作します。動画動画サイト、テレビ番組のコンテンツ、CMの映像制作などについて学べます。広告・イベント実際にイベントを企画・運営して、企画力やプロデュース力を身に付けます。アーカイブ・展示ゲームやアニメなどのメディアアートに関してアーカイブや展示の手法を学びます。大学でメディアを学ぶということ=メディアを総合的に学ぶ。 アニメ、ゲーム、動画などを制作する専門的な知識や、技術を学ぶだけなら、専門学校に入るという選択もあります。しかし、ネット社会になり、さらにデジタルテクノロジーが進化するなかで、メディアに関する基礎知識と基礎技術は、人間形成のうえでも重要な要素になっています。そのような時代、大学のメディア情報学科は、制作技術を身に付けるだけではなく、メディアが人にもたらす価値や、社会に及ぼす影響、あるいは、ビジネスとしての側面なども含め、メディアを総合的に学ぶ場です。そうすることで、はじめてアニメやゲームなどのメディアの本質に向き合うことができ、より広い視野からの作品制作にもつながると考えています。