ブックタイトル相模女子大学

ページ
53/122

このページは 相模女子大学 の電子ブックに掲載されている53ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

相模女子大学

2020年度 カリキュラム( 注?…資格必修科目 ○…資格選択科目 意)一部の科目が変更になることがあります。全学共通科目基礎共通科目・共通教養科目・語学科目・実践科目(詳しくはP030)基礎科目 子ども教育の基礎基礎理論子ども理解基礎技能教職(小)教職(幼)保育教職特別支援教職(小)教職(幼)保育教職特別支援教職(小)教職(幼)保育教職特別支援○○ ? 生涯発達心理学? ? 子どもの理解と援助? ? 音楽表現活動? 保育の原理? 乳児保育Ⅰ・Ⅱ ? ? 絵画・造形表現活動? ? ? 教育の原理? ? ? 特別支援教育・保育Ⅰ ? ? 運動・身体表現活動○○ 教育の歴史○ ? 特別支援教育・保育Ⅱ ? 保育表現活動? ? 教育の制度? 子どもの保健○ 音楽Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ? ? 教育心理学? 子ども家庭福祉? 手話の基礎? 子育て支援の心理学? 点字の基礎? ○ 教職論○ ? 保育者論○ 教育とジェンダー? 特別支援教育論展開科目学習支援子ども・家庭支援教職(小)教職(幼)保育教職特別支援教職(小)教職(幼)保育教職特別支援教職(小)教職(幼)保育教職特別支援○ 教育内容(国語) ? ? 教育の方法? 社会福祉○ 教育内容(社会) ? 道徳教育論? 社会的養護Ⅰ(原理)・Ⅱ(内容)○ 教育内容(算数) ? 特別活動論? 子育て支援○ 教育内容(理科) ? ? 教育相談? 子どもの健康と安全○ 教育内容(生活) ? 生徒・進路指導? 子どもの食事と栄養○ 教育内容(音楽) ○ 英語遊び指導法? ? 保育内容総論○ 教育内容(図画工作) ○ 授業研究? 子どもと健康○ 教育内容(家庭) ? 介護等体験の指導? ? 保育内容指導法(健康)○ 教育内容(体育) ? 知的障害教育? 子どもと人間関係? 教育内容(英語) ? 肢体不自由教育 ? ? 保育内容指導法(人間関係)? ○ 教育課程論? 病弱教育 ? 子どもと環境○ ? 保育カリキュラム論? LD・ADHD等の理解と指導法? ? 保育内容指導法(環境)? 幼児指導論? 情緒障害児の理解と指導法? 子どもと言葉? 国語科指導法? 重複障害児の理解と指導法? ? 保育内容指導法(言葉)? 社会科指導法? 視覚障害児の理解と指導法? 子どもと表現? 算数科指導法? 聴覚・言語障害児の理解と指導法? ? 保育内容指導法(表現)? 理科指導法○○ 子どもの教育とメディア? 子ども家庭支援論? 生活科指導法? 知的障害児の心理? 音楽科指導法? 知的障害児の生理・病理? 図画工作科指導法? 肢体不自由児の心理? 家庭科指導法? 肢体不自由児の生理・病理? 体育科指導法? 病弱児の心理? 英語科指導法? 病弱児の生理・病理? 総合的な学習の時間の指導法? 子育て支援実践研究発展科目実践的指導力教育コミュニケーション“楽”習活動研究(表現系) ○ ? 保育・教職実践演習○ ? 実践遊び学“楽”習プロジェクト演習? ○ 教職実践演習(小学校)“楽”習教材研究(文系) ○ 教育指導法実践研究Ⅰ・Ⅱ 子ども教育ゼミナールⅠ・Ⅱ“楽”習教材研究(理系) ? 保育指導法実践研究卒業研究Ⅰ・Ⅱ体験・活動・実習○ 教育インターンシップ(小学校) ? 保育実習Ⅰ(保育所) ? 教育実習Ⅱ2(幼稚園)? 教育インターンシップ(幼稚園) ? 保育実習Ⅰ(施設) ? ○ 教育実習Ⅰ2(小学校)事前・事後指導? 保育実習指導Ⅰ(保育所) ○ 保育実習Ⅱ(保育所) ? ○ 教育実習Ⅲ1(小学校)? 保育実習指導Ⅰ(施設) ○ 保育実習Ⅲ(施設) ? ○ 教育実習Ⅲ2(小学校)○ 保育実習指導Ⅱ(保育所) ○ ? 教育実習Ⅰ1(幼稚園)事前・事後指導? 教育実習Ⅰ3(特別支援学校)事前・事後指導○ 保育実習指導Ⅲ(施設) ○ ? 教育実習Ⅱ1(幼稚園) ? 教育実習Ⅳ(特別支援学校)総合演習子ども教育基礎演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ子ども教育特別演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ051学芸学部 子ども教育学科卒業に必要な最低単位数 124単位 資格取得に必要な最低単位数( 卒業に必要な単位数のほかに修得する単位も含みます)授与学位:学士(子ども教育)全学共通科目24自由科目20専門教育科目80※1 小学校教諭免許状取得の必要有※2 専門教育科目の履修が優先となります小学校教諭一種免許状 60幼稚園教諭一種免許状 51保育士資格 68特別支援学校教諭一種免許状 28司書教諭※1 10学校司書※2 24情報処理士 16社会福祉主事(任用資格) 6レポートを作成して発表し、討論を行います。大学における学習方法と学習態度の基礎を身に付けます。自分自身の成長にもつながる授業です!子ども教育学科トート ガーボル 教授 保育所、幼稚園、小学校、特別支援学校などでは、さまざまな障がいのある子ども一人ひとりのニーズに応じた、適切な指導と支援が求められています。この授業では1年間をかけて、障がいのある子どもが、自立や社会参加に向けて主体的に取り組むために必要な、指導と支援について学びます。子どもと一体になれたときは本当に楽しく、自分自身の成長にもつながります。自分にも相手にも厳しい環境のなかでお互いを高め合い、実際の保育・教育の現場で生かせる勉強ができます。学科の授業をチェック! 特別支援教育・保育(I 基礎)、I(I 応用)