ブックタイトル相模女子大学

ページ
19/122

このページは 相模女子大学 の電子ブックに掲載されている19ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

相模女子大学

 マーガレットスタディは、すべての学科・学年を対象とした教育プログラムです。目標を設定したうえで、地域協働活動やボランティアなどの実践を体験して、修了後には外部から専門家を招いた講座によって自身の弱点を補います。全学対象の教育プログラム マーガレットスタディ自己分析・目標設定・地域貢献キャリアカフェ・さがみ総合講座・事前勉強会 など地域フィールドで実践・地域協働活動・認定ボランティア・商品開発 など講座によるスキル補強・プレゼンテーション力・コミュニケーション力・企画力 など目標達成度の確認成長と弱点の気付き・レポート作成・活動体験報告会 などマーガレットスタディの流れ地域貢献キャリアカフェCEMLA(セムラ) 日本語や教科の勉強に困難を感じている外国籍の中高生に、学生が学習支援のボランティアを行っています。年間利用者は600人を超えています。子育て支援センター 発達が気になるお子さんとその保護者の方への子育て支援、子育ての悩みをおもちの方への援助、そして地域の子育て相互支援活動を行っています。相模女子大学を拠点とした地域連携産学官連携での商品開発の例 公益的な活動に積極的に参加して、地域住民の福祉の増進および市民生活の向上に貢献した学生に対して、相模原市長から認定証が授与されます。2018年度活動事例・さがみハート展・子育てサロン事業・人と猫との共生社会支援事業 ほかふじ屋「桜プリン」3・SUN・TREASURE「マーガレットケーキ」銀座甘楽「わらび餅 どら巻」東京ポンパドウル「ジェノベーゼのチーズロールパン」ほか久保田酒造梅酒「翠想(すいそう)」大磯町商工会議所アロマオイル「大磯frais-Tekka-」 佐渡市高千地区の5つの集落で、地域に伝わる舞や太鼓などを学ぶ活動に2年連続で参加しました。昼間は自主練習に励み、夜は集落に出かけて地元の方と2時間の稽古。私は石花集落で「鬼太鼓」を教わり、「たかち芸能祭」で披露しました。2年目は鬼の面を着けて舞いましたが、視界は狭く、かがり火のなかではほとんど何も見えない状況でした。それでも無事にやりきったことで、大きな達成感を得ました。「日本の心」も伝えられる国語科教諭になることをめざします。相模原市ボランティア認定制度学芸学部日本語日本文学科3年山田 澪神奈川県立横浜平沼高等学校出身非日常を体験しながら、日本の新たな魅力を発見017発想女子#1