ブックタイトル相模女子大学

ページ
105/122

このページは 相模女子大学 の電子ブックに掲載されている105ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

相模女子大学

教育方針[ 3 つのポリシー]3. 生活の質の向上に向けて社会に積極的に貢献することができる。4. 常に新しい知識や技術の習得に努めることができる。管理栄養学科入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)1. 自然科学の基礎知識を十分に習得した上で、新たな課題への探求心を持っている者。2. 食・栄養に関する支援を通じて社会貢献をしようとする意欲と情熱がある者。3. コミュニケーション能力を備え、豊かな人間性がある者。教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)1. 基礎知識から専門知識を積み上げるために、専門科目を体系的に配置。2. 実践的かつ理論的な知識と能力を育成するために、アクティブラーニングを取り入れた実習科目を配置。3. 興味のある分野をより深く学ぶために、コース選択科目を配置。4. コミュニケーション能力を備え、社会貢献できる人間性を育成するための教育・指導を展開する。学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 管理栄養学科は、豊かな人間性をそなえ、食と栄養の観点から人々の健康、生活の質の向上の為に情熱を持ってサポートできる管理栄養士を目指して以下の能力・知識・技能を身につけ、かつ卒業に必要な単位数を修得するなどの要件を満たす者に学位を授与します。1. 管理栄養士の資格を得るために必要な基本的な能力や知識。2. 医療チームの一員として、個々の傷病者に対し、栄養管理(栄養治療:栄養療法・食事療法)が実践できる。3. 保健チームの一員として、地域住民の健康増進と疾病予防のために貢献できる。4. フードサービスやフードビジネス分野で、栄養管理をふまえた上で栄養部門や食品開発のトップマネージメントを担える。 短期大学部食物栄養学科入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)1. 食を通した健康づくりに強い関心を持ち、将来は食と栄養の専門家である栄養士として活躍したいという明確な目的意識を有する者。2. 知的好奇心や探求心が旺盛で、食物栄養学の学習に能動的かつ意欲的に取り組むことができる者。3. 対個人もしくは集団の中において協調性を保ち良好な人間関係を築けるコミュニケーション力に優れた者。4. 本学での学習に必要な一定水準の学力を有する者。中でも専門教育科目の基盤となる理数系分野(生物、化学、計算力)の基礎学力を身につけていることが望ましい。教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)1. 栄養士法施行規則に準拠した教育内容と単位数を配備し、2年間で専門領域の基礎から応用までを効率よく修得し資格取得へと導く体系的なカリキュラム。2. 講義科目での学習と実験・実習・演習科目でのアクティブラーニングとを連携させた段階的なカリキュラム。3. 円滑に短期大学生活をスタートさせるための導入教育講座や自立した大人として必須となるスキルを学べるキャリア教育講座等を設置。4. 卒業後に四年制大学への編入学を目指す学生や、専門領域をより極めたいと希望する学生に向けたスキルアップ科目を設置。学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 食物栄養学科は、現代社会が求める高度で専門的な栄養知識を有し、食を通して人々の健康の維持・増進に積極的にかかわることのできる栄養士を養成することを目的としており、以下の能力・知識・技能を身につけ、卒業に必要な単位数を修得するなどの要件を満たす者に学位を授与します。1. 食物と栄養に関する専門的な知識や技能を人の生活の質の向上のために実践することができる。2. 栄養士および任用資格を意欲的に活かし、社会の一員として貢献できる。3. 食の専門家として良識と責任感を持ち、他者と厚い信頼関係を築くことができるコミュニケーション能力を備える。大学院 栄養科学研究科博士前期課程入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー) 栄養科学をより深く学びたい学部新卒者、社会人を受け入れる。栄養科学についての一層の高度な専門知識を身に付けることで、実務に生かし、社会への還元を目指している者を望む。入学しようとする者は、特別研究における研究計画を立案し、指導教員に承認を得ることを要件とする。教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)1. 社会人の履修を配慮し、平日夜間および土曜日の授業時間割を設定する。2. 栄養科学における幅広い人材育成を目指し、栄養生理領域、病態栄養領域、保健栄養領域、食品栄養領域の4領域に大別し、教員を配置し授業科目を設定する。3. 総合科目である総合栄養科学特論と特別研究を通して専門分野における高度な知識と研究能力の基礎を養う。4. 教員専修免許状取得のための科目を設ける。学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 栄養科学における有能な人材養成を目指す当研究科は、以下に挙げる項目で修了者を考査し学位(修士 栄養科学)を授与する。1. 栄養科学の各領域についての現状と課題を挙げることができる。2. 専門領域における社会ニーズに対応でき、教育や研究に貢献できる。3. 特別研究を通して、科学的な発想、論理的な研究遂行能力および考察力の基礎を身に付けている。4. 研究者としての高い倫理観を身につけている。博士後期課程入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー) 栄養科学分野の研究において業績あるいは基礎力を有し、より高度に専門分野の研究を遂行しようとする者を受け入れる。栄養科学分野の研究を通して高度な専門知識と研究能力を身に付け、社会貢献を目指している者を望む。入学しようとする者は、指導を受けようとする専門分野の教員と十分な協議により研究計画を立案していることを要件とする。教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 生命栄養科学特論と特別研究(博士論文)を履修する。1. 栄養生理領域、病態栄養領域、保健栄養領域、食品栄養領域の4領域における研究の特異性を学ぶために、オムニバス形式で生命栄養科学特論を設ける。2. 特別研究(博士論文)では学術的価値の高い論文を目指すため、指導教員に加えて教員間相互の連携を十分保って研究指導する。学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 栄養科学における有能な人材養成を目指す当研究科は、以下に挙げる項目で修了者を考査し学位(博士 栄養科学)を授与する。1. 栄養科学の専門領域について、高度な知識と研究能力を身に付けている。2. 特別研究の成果が学術的に高い評価を受けている。3. 栄養科学の専門領域において、高度な実践、研究指導あるいは教育を通して社会貢献できる。4. 研究者としての高い倫理観を身につけている。103