ブックタイトル相模女子大学

ページ
102/122

このページは 相模女子大学 の電子ブックに掲載されている102ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

相模女子大学

相模女子大学・相模女子大学短期大学部・大学院入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー) 相模女子大学・相模女子大学短期大学部は、「見つめる人になる。見つける人になる。」というスローガンを掲げており、しなやかな発想力と豊かな包容力を身につけ、地域社会を担っていける人を育てたいと考えます。この方針に共感し、あるいは興味を持つとともに、以下の資質・志向を有する人を求めています。1. 本学各学科の教育の目的・目標を理解し、本学で学びたいという意欲を持っている。2. 本学各学科の教育課程を履修するための基礎的な学力を身につけている。3. 勉学を通して自己を磨くとともに、他人と協力・協調し、社会に貢献する気持ちを持っている。教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) 相模女子大学・相模女子大学短期大学部は、スローガンとして掲げる「見つめる人になる。見つける人になる。」を実現することを目的とし、全学科に共通するものとして以下のカリキュラムを展開します。1. 幅広い分野の知識や技能を身につけ、学際的な視点から専門分野を捉える能力を育成するために全学共通科目を設置する。2. 本学の教育の歴史と特色を理解し、大学生としての心構えや態度を自覚するための科目を基礎共通科目に設置する。3. 社会人基礎力を育成し、大学で学んだ知識や技能を実践に結びつける目的で、全学共通科目と各学科の専門科目にサービスラーニングや能動的学習を行う科目を設置する。学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 相模女子大学・相模女子大学短期大学部は、スローガンとして掲げる「見つめる人になる。見つける人になる。」を実現することを目的とし、各学科で取得した能力・知識・技能に加えて、以下の姿勢を身につけた者に学位を授与します。1. 専門領域のみならず、社会におけるさまざまな場において多角的視点でものごとを見つめ、身につけた知識や技能と柔軟な発想力を活用して社会や生活に役立つ新しいことを生み出すことができる。2. 人や社会の持つ特性や仕組みを洞察する眼を持ち、組織の中で自分のすべきことを見極めつつ、人と協働しながら自らの個性を発揮できる。3. 偏見や先入観を排した眼で人や社会を見つめ、人に共感し、思いやりを持ち、感動した体験をもとに成長することができる。学芸学部日本語日本文学科入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)1. 読解力・表現力に関する基礎的な能力を有する者。2. 日本文学や文化に関する基礎的な知識を有する者。3. 日本の言語や文学・文化に関する学習への意欲を持つ者。4. 知的な好奇心を持って、ものごとにじっくりとかかわることのできる者。教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)1. 「ゆっくり学ぶ、しっかり生きる」という学科の理念に基づいてデザインされたカリキュラム。2. 日本語、日本文学・文化に関する多様な科目・講座の設置。3. 基礎的な内容から高度な専門性へと段階的に編成された体系的カリキュラム。4. より深い学習、技能習得等を目指して、入学年次から卒業年次までを通して編成された少人数の演習・実習科目の設置。5. 幅広い教養の形成や技能の育成、キャリア形成にかかわる多様な関連科目群の設置。学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 日本語日本文学科は、日本の言語や文学・文化に関する幅広い知識と深い教養を具えた人材を養成することを目的としており、以下の能力・知識・技能を身につけ、卒業に必要な単位数を修得するなどの要件を満たす者に学位を授与します。1. 日本語、日本文学・文化に関する学習を通して、広い視野を持ち、論理的で柔軟な思考が展開できる。2. 日本語のすぐれた運用能力・技能を身につけ、コミュニケーション力、表現力等を発揮し、社会のさまざまな分野で活躍することができる。3. 日本語・日本文学を中心に日本の文化についての深い理解と教養を身につけ、社会に向けて発信できるとともに、次の世代にも伝えることができる。英語文化コミュニケーション学科入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)1. 実務的な英語力を習得して社会貢献したいと考える者。2. 英語圏を中心とする世界の文化に興味を持つ者。3. 観光を切り口としたグローバルなつながりに関心を持つ者。4. 自分が得た知識や体験を社会に還元したいと考える者。5. 自身が身につけた知識・指導法を元に英語教育者を志す者。6. 自分の将来を念頭に置き、その実現に向けて必要な知識及びスキルを獲得するために意欲的且つ継続的に努力できる者。教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)1. 段階的な英語力向上のための英語科目群と実践の場としての学外研修(留学、海外研修、海外インターンシップなど)を体系的に提供する。2. グローバルな現象としての観光ビジネスという観点から実社会との接点を広げていくことができる科目群を提供する。3. グローバル社会に貢献できる思考力・判断力・行動力の基礎となる教養を横断的に身につけることができる科目群を提供する。4. グローバル社会に貢献できる人物の育成を志す者に教職課程を提供する。5. 卒業後を見通したキャリア形成を念頭に置いた段階的なカリキュラムを提供する。6. 4年間を通して学生と教員間の距離を近くに保ち細やかな指導ができるよう少人数科目を設置する。学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) 英語文化コミュニケーション学科は、世界とつながることができるグローバルな人間を養成することを目的としています。グローバルな人間とは、自分とは異なる文化・行動様式を理解し受け入れようとする好奇心と柔軟性を備え、グローバル化が進む社会において的確な判断と行動の基盤となる教養をもち、豊かなコミュニケーション能力をもって異文化間の橋渡しを担うことのできる者と考えます。そのため以下の能力・知識・技能・態度を身につけ、卒業に必要な単位数を修得するなどの要件を満たす者に学位を授与します。1. グローバル社会で通用する実践的な英語運用能力を自ら向上させることができる。2. グローバル社会で活躍するための国際教養を身につけ、活用することができる。3. グローバル社会で活躍するための観光ビジネスに関する知識を身につけ、活用することができる。4. 自己理解に基づいてグローバルな視点から社会に貢献できるキャリアを考えることができる。5. グローバルな視点に立った意見発信、行動をすることができる。子ども教育学科入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)1. 教育専門職・保育専門職に就くことを明確に希望する者。2. 子ども理解・子育て支援・特別支援に対する強い興味関心や問題意識をもつ者。3. 教育実践・保育実践現場の経験を活かし、さらなる資質能力の向上を目指す者。4. 子どもの教育という視点から現代社会を広く深く考察したい者。教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)1. 教育・保育における本質となる理念・理論および基礎的な技能を身につける科目を配置する。2. 教育・保育等の現場において、知識にもとづく指導および適切な判断と対応が行え100 教育方針3つのポリシー